西新宿 百人町 新宿周辺情報

西新宿、百人町を中心とし、またその周辺のおいしいお店や便利な施設の紹介や地域への様々な告知

タグ:韓国民団

地域の皆さん こんにちは。

東京都知事選に立候補した桜井誠氏の選挙演説がヘイトスピーチだと民団が、東京法務局に人権救済を求める申立書を提出しそうだが、そもそもあの抗議は、民団の桜井氏への殺害予告記事に対する抗議だろ!!
何がヘイトスピーチで人権侵害だ!!
お前らが、人権侵害しているんだろ!!
殺害予告するような団体が「さっさと日本から出て行け」「テロリスト」と言われて当然だろ!!
殺害予告とはまさに「テロリスト」だ!!
これからは、何でも差別にすり替える手口はうまくいかないよ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

都知事選の演説「ヘイトスピーチ」 民団、救済申し立て
2016年9月21日19時58分

今年7月の東京都知事選に立候補した候補者の選挙演説がヘイトスピーチなど「人権侵害行為」にあたるなどとして、在日韓国人らで組織する在日本大韓民国民団中央本部(呉公太団長)は21日、東京法務局に人権救済を求める申立書を提出した。


申立書によると、都知事選候補者だった「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の前会長の桜井誠氏は選挙期間中の7月15日、東京都港区の民団中央本部前で「さっさと日本から出て行け」「テロリスト」などと演説。民団側は、こうした演説が「ヘイトスピーチや名誉毀損(きそん)、威力業務妨害にあたる」として、法務局に再発を防ぐ勧告など救済措置を求めている。


選挙期間中に抗議することは「選挙妨害」になる可能性があり、選挙後の申し立てとなった。民団中央本部は「選挙運動であっても、差別的な発言は許されないことを示したい」としている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

民団はいまだに殺害予告記事を削除しないでいますよ!!
 

<都知事選>ヘイトSの場に!?…レイシスト出馬表明に同胞ら「必ず打撃を」(在日本大韓民国民団)
レイシストに打撃を与えずにはおかない決意を固めている。

【関連記事】
韓国民団新聞が都知事候補の桜井誠氏に対して殺人予告ともとれる記事を書いた!!これテロリストだろ!!


テロリストが、ヘイトスピーチ、レイシスト、差別とか言ってるよ!!
殺害予告者が、被害者のふりしている!!
もう日韓断交で、祖国に帰還した方がいいよ!!



人気ブログランキングへ

地域の皆さん こんにちは。

韓国民団新聞が、桜井誠氏の都知事選出馬表明に対して、在日韓国人同胞らに「必ず打撃を」と殺人をほのめかす記事を書いたそうです。
これ、テロリストだろ!!
そのため、選挙活動としては行ってもしょうがないが、殺人予告ともとれる記事に対して、韓国民団前に抗議に行ったそうです。
また、この抗議に対して、レイシストとかヘイトスピーチとかレッテル貼りするんだろうな!!
テロリストに抗議するのが、レイシストなのかね!?

ーーーーーーーーーーーーーーー

<都知事選>ヘイトSの場に!?…レイシスト出馬表明に同胞ら「必ず打撃を」(民団新聞)

14日に告示(31日投・開票)される東京都知事選挙に、在特会(在日特権を許さない市民の会)の元会長・桜井誠氏が出馬を表明したことに対し、民団団員ら在日同胞は「公職選挙の場をヘイトスピーチの芝居小屋に貶めるもの」と猛烈に反発している。

 桜井氏は6月29日に都庁で開いた記者会見で「在日外国人への生活保護支給停止」「反日ヘイトスピーチ禁止条例制定」などを公約に掲げ、「地方自治体はヘイトスピーチ対策法にのっとり、それに応じた施策を行う義務がある。どう対応するのか」の質問には、「対策法は単なる理念法。在日韓国人が出ていけば解決する問題だ」と逃げた。

 同氏は「都民に(自説を)訴えることが目標」とし、「(自分の)武器は街宣だ。この武器を120パーセント活用して戦っていく」と語ってもいる。都知事選をヘイトスピーチの場にすることを自ら宣言したものだ。

 これまでのヘイトスピーチは対策法の対象となり、警察当局が目を光らせるほか、阻止・中止に追い込むカウンター行動も可能だ。だが、選挙活動となれば手厚く守られる。公職選挙法の225条・230条は、多数が集合して交通や集会・演説を妨げるなどの行為は罰するとしている。

 その半面、施行されたばかりの対策法はどうなのか。同法の理念から「政見」を騙ったヘイトスピーチは許されないとしても、線引きは容易ではなく、働き方が見えてこない現実に、団員らのうっ憤は募る一方だ。

 文光秀さん(52・新宿区)は「東京五輪(2020年)の顔を選ぶ選挙でもある。なぜ差別主義者が出てくるのか。『恥の文化』をもつ日本人の奥ゆかしさがどんどん失われていく」と嘆き、「ならず者の能書きと『言論の自由』は峻別されるべきだ」と指弾する。

 鄭理恵子さん(61・西東京市)は、「『在日特権』というデマを、あらゆる媒体を利用してばら撒きたいのだろう。現実の多文化共生を否定し、日本が日本人だけで成り立っている時代錯誤にとらわれた者が選挙? 日本の民主主義も末期症状だ」と論じる。

 「ふざけるなの一言につきる」という通世気鵝67・新宿区)は、「ヘイトデモが下火になっているのを挽回しようと花火を上げたいのだろう。有権者ばかりか日本そのものを愚弄するものだ」と指摘。郭邦植さん(62・足立区)は、「レイシストが出馬できないような社会的雰囲気がほしい。定住外国人は地域をともに構成する住民であり、差別は許されないとの意識を学校・社会を通して育むべきだ」と強調した。

 活動的な団員の多くは、前回の都知事選で極右でありながら、20・30代の支持を得て61万票(得票率12%)を集め、「超善戦」した田母神俊雄氏の前例を意識している。「桜井氏は落選運動の対象にもならない」とする一方、ヘイトスピーチが公然と展開されていいのか、これを都民に問うべく情報発信を続け、レイシストに打撃を与えずにはおかない決意を固めている。

(2016.7.13 民団新聞)

ーーーーーーーーーーーーーーーー




桜井誠氏の抗議街宣を動画で、何度も見たことあるが、若干言葉の悪い部分もあるとしても、抗議内容は事実の指摘だというだけです。
生活能力のない外国人は入国できないのは法律に書いてある。
だから、本来日本人のみを対象にした、生活保護を外国人に与えるのはおかしというのが、ヘイトスピーチではありません。
在日韓国人の犯罪率が高く、このような不逞外国人は国外退去すべきも当たり前のことで、ヘイトスピーチでもレイシストでもない。

在日韓国人・朝鮮人は、日本人に真実を知られたくないので、単なる事実の指摘を「ヘイトスピーチ」「差別主義者」とレッテルを貼って誤魔化そうとしているのです。
日本に住んでいて、本国の韓国人より恩恵を受けながら、感謝もせず日本や日本人を貶めることをしていれば、嫌われるのは当たり前です。

外国人なのに税金払ってるから地方参政権よこせとか年金よこせとかおかしい!!
地方参政権をほしいのは、これを利用して、地方を乗っ取り、日本全体を乗っ取りたい陰謀がるのです。
このような陰謀に加担しているのが、老害鳥越のような疑似日本人です

ほとんどの日本人は差別意識なんてありません!
在日韓国人を差別してるのではなく、日本国内外で日本人を差別をしたり、差別する工作をしてるから嫌われているのです。

無理だと思いますが、いい加減に気付かないと韓国人を憎む日本人が増加するだけです!!
ここは、日本であなた達は外国人ですよ!!

日本人も気付いた方がいい・・・戦後70年の日本は、偽善に満ちた日本だということに・・・。
桜井誠氏は、他の候補者と違って、媚びない選挙でいいと思います!!

政治屋はいらん!!政治家を望む!!



人気ブログランキングへ

地域の皆さん こんにちは。

新宿区においては残念ながら、国家観がない馬鹿区長と馬鹿議員が自治基本条例なるものを制定してしまいました。
自民党区議が中心になって制定させたとの噂を聞いたが、本当なら大馬鹿で自覚のない左翼、売国奴と言えます。
こんなの保守じゃないんだから、次回の選挙で落選させなけらばならないな!

この条例は、明らかに裏の外国人参政権で、地方から国を壊していくとんでもない条例です。
以前、新宿区自治基本条例にかかわった人物にこう聞いたらこんな返事が返ってきました。
管理人「自治基本条例」は外国人に投票権を与えると書いているのではないか」
そいつ「どう読んでも条文に外国人と書いてないよ」
ようするに条文に外国人という文字が書かれていないから大丈夫だと思っているらしい。  
アホか!そんなものわかるように書くわけがないだろう!
こんな程度の人間が参加して、それが区民の意見だとはふざけた話です。

今回チャンネル桜で、「自治基本条例はいかにして阻止できるか?!」という討論番組が放映されました。
是非、自治基条例の正体を知らない人はご覧ください。
とくに偶然にもこのサイトをアホ新宿区議他のアホ地方議員が見ていたら、必ず見ろ!
自分の愚かさがわかる!
わからなければ相当左翼脳に侵されている!


◆日本解体の策謀?!「自治基本条例」はいかにして阻止できるか?!

パネリスト:
 木上和高(「外国人参政権に反対する会」神奈川代表)
 桜井裕子(ジャーナリスト)
 鈴木正人(埼玉県会議員)
 平田文昭(「アジア太平洋人権協議会」代表)
 三宅隆介(川崎市議会議員)
 村田春樹(「自治基本条例に反対する市民の会」会長)
 八木秀次(高崎経済大学教授)
司会:水島総

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/








下記は新宿区での検討連絡会議のメンバーです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
座長

  • 辻山 幸宣(財団法人地方自治総合研究所所長)

副座長

  • 高野 健 (区民代表委員)
  • 根本 二郎 (区議会議員)
  • 針谷 弘志 (区職員委員、総合政策部企画政策課長) 

区民代表委員

  • 大友 敏郎
  • 斉藤 博
  • 野尻 信江
  • 樋口 蓉子 
  • 土屋 慶子

区議会議員

  • 山田 敏行
  • 小松 政子
  • 佐原 たけし
  • あざみ 民栄
  • 久保 合介

区職員委員

  • 木全 和人 (総務部総務課長)
  • 加賀美 秋彦 (地域調整課長事務取扱地域文化部参事)
  • 菅野 秀行 (地域文化部生涯学習コミュニティ課長)
  • 野澤 義男 (特別出張所の代表、柏木特別出張所長)
  • 折戸 雄司 (都市計画課長事務取扱都市計画部参事) 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

番組でも紹介していた辻山幸宣が座長であることがわかりますね。
その他も・・・。

2003年11月 川崎市自治基本条例検討委員会会長
2003年11月 豊島区自治基本条例研究会会長
2005年3月  平塚市自治基本条例検討委員会委員長
2005年6月  練馬区自治基本条例懇話会会長
2007年11月 新宿区自治基本条例検討連絡会議座長
2008年11月 板橋区地方自治制度研究会会長

所属組織の地方自治総合研究所(略称;自治総研)は、1974年3月、全日本自治団体労働組合;通称自治労【日本の地方自治体職員などによる労働組合の連合体で、合同労働組合】によって設立されたものです。
1994年12月に財団法人、2010年公益財団法人へ移行、分権時代の地方自治研究の戦略拠点となるとともに、自立した市民による自治の確立と個性豊かな地域社会の創造に寄与する、開かれた研究所を目指しているそうです。
自治労とは民主党の支持母体です。

自治基本条例は、自治体反日支配基本条例です。
ほんと!国会議員もそうですが、地方議員も馬鹿ばかりですな。
管理人でさえ、条文読めば書いてないところに危険な思想が組み込まれてるのがわかりました。
それなのに、議員が理解しないのかなんだか・・・所詮自己保身だらけの国会議員と同じで、地方議員も自己保身だらけの奴ばかりなのでしょう!
つくづく残された最後の砦は、日本国民しかないと感じます。

もしあなたの自治体で「自治基本条例」が制定されてない又は動きがあったら下記サイトにご相談ください。

自治基本条例に反対する市民の会


日本国民一致団結して、自分の街を反日勢力から守ろう!

日本人よ!害虫退治せよ!


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ