地域の皆さん こんにちは。

今現在毎日新聞を購読されている方もおられると思いますが、この新聞が「変態毎日新聞と呼ばれているのは知ってますか?
それはなぜか??

毎日新聞の英語報道メディア(Mainichi Daily News)で、1989年に連載が開始されて以降、公式サイトに継承されたコラム「WaiWai」において、2008年に発覚知るまでの間、数々の捏造誹謗中傷記事を海外に流し続けていました。
その内容は、低俗で誇張や虚偽に基づくものでした。
一部抜粋しますが、性的な誹謗中傷を多く含む内容であり、教育上ふさわしくない表現ですが、日本の主要新聞社といわれる毎日新聞が、このような酷い捏造記事を海外に流していた事実を知って下さい。
実に気分が悪い内容なので、耐えられない方は読むのを中断して下さい。

* 日本人の母親は、中学生の息子が成績を落とさないためにフェラチオをする
* 福岡の米祭りは、顔に塗る白い液体の「顔射」に似ている
* 六本木のあるレストランでは、日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する
* 日本のティーンたちは、バイアグラを使ってウサギのようにセックスをする
* ポケモンの意味は勃起した男性器である
* 日本のファーストフード店では、女子高生が性的狂乱状態になる
* 日本の女子高生は、刺激のためにノーブラ・ノーパンになる
* 日本人の約6割は、コンドームを他の動物に乱用する
* 日本の性教育は、初めに性行為・強姦の方法を学ぶ
* 日本の30代の男性の約8割は、ストレス発散のためにマスターベーションをする
* 日本人女性の55%は、初対面の男性と一緒に寝る
* 渋谷の百貨店の109の由来は「1」の字は、男性器の形、「0」は睾丸、「9」は肛門をイメージしたものである
* 防衛省はロリータマンガキャラクターを使って内部を明らかにする
* 日本の殆ど全ての漁師は、海でマンタと獣姦をする

テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」





毎日新聞は、このような酷い内容の捏造記事を十数年も海外に向け発信続けたのです。
毎日新聞は、問題発覚後、形ばかりの社内調査とお詫び記事が掲載されるも、処分らしい処分もなく幕引きしたのです。
驚くことに処分するどころか、この変態捏造記事発信部門の当時の最高責任者は、その後、毎日新聞社の社長に就任し、その後、毎日新聞グループホールディングスの代表取締役社長に就任、現在は会長を務めているそうです。
また、TBSの取締役でもあります。
これが、毎日新聞の体質です。


だから、この事件を知っている方は、「変態毎日新聞」と呼ぶのです!!
日本人の敵は、国内にいます!!


人気ブログランキングへ