西新宿 百人町 新宿周辺情報

西新宿、百人町を中心とし、またその周辺のおいしいお店や便利な施設の紹介や地域への様々な告知

タグ:国防

地域の皆さん こんにちは。

7月24日夕方、『平和安全法制推進!日本を守れ!国民大行動』が行われました。
支那共産党の手先である反対派は、「戦争法案」とのレッテル貼りをして、まるでこの法案が成立したら日本が戦争を起こすかのようなデマを流して、情弱な国民に不安を煽っています。
こいつら「戦争させない」でなく、「防衛させない」と本当は言いたいのです。
法案反対派こそ日本の平和の敵であり、支那共産党に戦争をさせようとしているのです。

これが、マスゴミが一般市民、若者として報道している「シールズ」の正体!
全学連(中核派)とモメるシールズ=日本共産党の民青と共闘するしばき隊。
日本共産党=日本民主青年同盟=グループ「SEALDs(シールズ)」
反日左翼同士の内ゲバだよ!!

  
 

平和と言いながら、暴力的に妨害するシールズ。
これを民主主義とは、言わないだろう!! 
シールズさん!!・・・お前達も「一般人」でないよ!!
「民主主義って何だ?」・・・こっちが聞きたいよ!?
 
ーーーーーーーーーーーーーーー

安保法制は「戦争法案」ではない 中国の脅威を無視する人たちの“ありえない”前提(ZAKZAK)

自民・公明両党は安全保障法制の骨格について合意した。一部の野党は「戦争法案」と批判しているが、安保法制を整備すると本当に戦争に近づくのだろうか。

 安保法制の骨格は、自衛隊の海外活動での3原則である(1)国際法上の正当性(2)国会の関与などの民主的統制(3)自衛隊員の安全−の下で、自衛隊の活動について、(1)武力攻撃に至らないグレーゾーン事態対応(2)他国軍への後方支援(3)国際的な平和活動(4)集団的自衛権(5)邦人救出−の5分野などで広げる。

 これらを一つ一つみれば、国際常識からいっても戦争になるようなものではない。むしろ、国際協力の観点から遅きに失したものもある。他国軍への協力といっても、グレーゾーン事態への対応では、相互主義の下で、やらないといえば国際的には非常識になる話だし、後方支援も、日本に重大な影響を与える場合なので、やらないというわけにはいかないところだ。

 こうした当たり前のことに懸念を持つ人は、一国平和主義者か、米軍が一方的に守ってくれるはず、という自国にだけ好都合で国際的にはありえない前提を持っているのだろう。

 集団的自衛権も、国内法における個人の正当防衛のように、自己または他人が権利侵害されたときに行動するわけで、他人の権利侵害を見過ごしていいわけでない。そうした利己的な人は自分がやられたときに他人は助けてくれない。
一国だけで平和が達成できるほどに強大な国家でなければ、集団的自衛権でまとまった方が安全であり、防衛コストは安くつく。しかも、その方が国家として安全になる。

 戦後、日本の再軍備を過剰に心配した米国が、日本の軍事力を弱体化させるために一方的な防衛義務を甘受したのが、日米安全保障条約だ。戦後の日本にとって、これは渡りに船だった。軍事にコストをかけずに、経済政策に特化することができ、戦後の高度成長につながった。

 ところが、冷戦構造の終わりとともに、米国が日本の防衛費負担に音を上げはじめた。日本も国際関係の中で、相応の負担を考えざるをえなくなった。

 実は、米国は日本の他にも韓国、フィリピンと似たような相互安全保障条約を締結している。しかも、韓国もフィリピンも日本と似たような戦争否定の憲法を持っているが、いずれも集団的自衛権は議論の余地なく行使可能だ。日本だけが、再軍備への懸念で米国から特別扱いを受けてきただけなのだ。

 それも、もうなくなろうとしている。にもかかわらず、安保法制に懸念を持つ人たちは、戦後の冷戦当時の恩恵を当然のように思っている。しかも、米国の退潮に加えて中国の脅威が現実に存在しているという事実を無視している。

 国際情勢の変化を読めないで安保法制の整備に反対するのであるから、整備するよりも日本を危険にさらす危険性の方が大きいだろう。 
(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
 

  


















反対派の馬鹿反日左翼の基地外っぷりがよくわかる動画!
平和と叫び、暴言を吐く!!
日本のためと言いながら、1本も日の丸がない!!
  


官邸前、安保反対ならず者達と日の丸愛国者達が対峙、君が代斉唱、日本国万歳2015.7.24平和安全法制推進!日本を守れ!#30



ーーーーーーーーーーーーーー

【スクープ最前線】反安保デモに「中韓反日組織」の潜入情報 倒閣工作に呼応する勢力も(ZAKZAK)

集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案が、衆院本会議で可決された。日本の安全と国民の平穏な暮らしを守る法案だが、野党や一部メディアのレッテル貼りや、自民党若手議員の報道圧力発言もあり、逆風の中での採決となった。こうしたなか、中国や韓国の「反日」組織が動き始めている。警戒を強め、反転攻勢に着手する政府・自民党。ジャーナリストの加賀孝英氏が緊急リポートする。

 「戦後以来の大改革」

 安倍晋三首相がそう名付けた安保法案が16日、衆院を通過した。日本を取りまく安保環境の激変を受けて、政治生命をかけて提出したものだ。

ご承知の通り、米国やオーストラリア、カナダ、モンゴル、インドネシア、シンガポール、ブラジルなどの世界各国は、日本が掲げた「戦争のない平和な世界構築」への決意に即刻、賛同と支持と期待を表明した。
批判したのは、中国と韓国、北朝鮮ぐらいだ。

 一方、わが国の現状はどうか。法案の衆院通過後、報道各社の世論調査では、内閣支持率と不支持率が逆転した。全国各地で「アベ政治を許さない」と書かれたプラカードを掲げたデモが行われ、国会前でも5000人以上の人々が集まり、法案廃止と安倍首相の退陣を連呼した。

 だが、沖縄県・尖閣諸島や南シナ海で暴走する中国の軍事的脅威に目をつぶっていて、本当にわが国の領土と国民の安全と生活が守れるのか。

 自民党の高村正彦副総裁は19日のNHK番組で、「国民のために必要だと思うことは、多少支持率を下げても進めてきたのが自民党の歴史だ」と強調したが、別の自民党幹部はこういう。

 「第2次安倍政権発足(2012年12月)以来最大の危機だ。これまでは、『9月の自民党総裁選は無投票再選、安倍首相は長期政権』とみられてきたが、どうなるか分からなくなった」 (1/3ページ)

  私(加賀)はデモを否定するつもりはない。ただ、裏で何が起こっているのか、ぜひ知っておいていただきたい。以下、外事警察を含む、複数の情報当局関係者から得た情報だ。

「中国と韓国の協力者が『今が安倍政権を倒す、絶好のチャンスだ』と活動を活発化させている。

デモの参加者の中に監視対象者の姿が確認されている。

彼らが法案を『戦争法案』『徴兵令』『強行採決』と叫び、極左集団や一部野党が結託してあおっている。
中国の工作員関係者は国内に約5万人いる」


「中韓両国は『安倍首相さえ排除すれば、日本は言いなりになる』と、安倍潰しを画策してきた。彼らは意のままに一部の議員や官僚を動かして官邸情報を盗んでいる。最近、数人の議員に倒閣運動を持ちかけた。『安倍は終わりだ。次(の首相)はあなただ』と」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

安保法制反対派に戦争させるな!!

安保法制反対派は、支那共産党の手下!!

安保法制は、「戦争抑止法」だ!!

自衛権は生まれた瞬間に当然に与えられる自然権で、憲法で制約なんて出来ない!!

自衛権は憲法より上!!

憲法を守るために国民の命を犠牲にするとか頭おかしい!!



 
人気ブログランキングへ

地域の皆さん こんにちは。

昨日12日、国会前にて「平和安全法制推進!国会前大行動」が行われました。
休日で、大変暑い日でしたが、700人の方が参集されました。
これが、反日左翼の集会なら主催者発表だと3500人になるんだろうな!!
そして、その嘘をゴミメディアが、そのまま報道するんですよ!!

DSC_0920

















DSC_0924
 
















DSC_0919
























DSC_0921 

















DSC_0922 

















DSC_0927






























DSC_0926
img078img079













































 

 

 

 

ところで、この集会に「反日暴力集団しばき隊」が妨害しにきたそうですが、全員に無視されたそうです。
まぁ、相手にしても仕方ないから、いい対応だと思います。
この動画にその時の様子が紹介されています。
惨めだね 

 


 
平和安全法制に反対する民主党・共産党・社民党・なんでも官邸団などの反日分子が、日本に戦争を引き寄せようとしている!
こいつらのよく言う
「戦争させない」でなく「防衛させない」
「若者を戦争にいかせない」でなく「若者を戦争で殺させる」だろ!!
平和を乱すのは、どちらかはっきりしている!!
のんびりしている場合ではない!!

 
人気ブログランキングへ

地域の皆さん こんにちは。

昨日6日に、新型ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」の進水式が行われました。

ーーーーーーーーーーーーーー

海自最大艦「いずも」進水 15年に就役(産経ニュース)
2013.8.6 18:40

2015年3月の就役へ建造が進む海上自衛隊の新型ヘリコプター搭載護衛艦の命名・進水式が6日、横浜市内で開かれ、「いずも」と命名された。全長248メートル、基準排水量約1万9500トン。護衛艦としては「ひゅうが」型(約1万3500トン)を上回り過去最大となる。


式では麻生太郎副総理や江渡聡徳防衛副大臣らが支綱を切断。満艦飾のいずもは音楽隊の演奏や花火に彩られ、華々しく進水した。


艦首から艦尾まで甲板がつながった空母型の構造で、ヘリ9機を同時運用でき、5機が同時に発着艦可能。他艦艇への燃料補給機能も備え、哨戒や災害派遣などの任務の中核となる。同型艦1隻も建造が進んでいる。

ーーーーーーーーーーーーーー

97a90fa6-s





















a4fa0fa3



























1e9fbab3




















































全長248mですか!
空母加賀と同じ、空母赤城、戦艦大和にも匹敵する大きさですね!!
でも、支那さんよ!空母でなく、護衛艦ですからね!!

海自のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」が横浜で進水式、中国専門家は「これは“空母”だ!」―中国メディアXINHUA.JP 8月6日(火)21時52分配信


日本がいつ空母を持つことを禁じられたんだよ!!

だけど、「いずも」は、どっから見ても護衛艦です!!

原子力潜水艦も建造してください!!


人気ブログランキングへ

地域の皆さん こんにちは。

野田ブタが唐突に尖閣国有化を発言しましたが、支那が怖くてしょうがないし、支那の犬である民主党が発言できるわけありませんよ。
尖閣国有化を言えば支那が反発するのはわかっていますし、実際そうなっていますが、今回はそんなに焦っているようには見えません・・・シナリオ通りですか!?・・・何やらきな臭いですよ!
この件は関して、7月9日付けで西村眞悟氏の「眞悟の時事通信」にアップされた稿を掲載します。
充分ありえますね!
平和ボケした日本人は「まさか」と思うかもしれませんが、世界では「まさか」はよくあることですよ。
外交は平和だけのためにあるのではないですよ!
読みすぎるぐらいがちょうどいいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

政府の尖閣購入の裏にある驚くべき亡国の論理

野田内閣が、突然、尖閣購入を言いだした。
尖閣を国有地とする、ということである。
民・民の売買の次元において、売り主の意向に頓着なく、横から突然、「私買います」と名乗りを上げて売買が成立するのはセリ・競売だけなので、この政府の手法で売買が現実に成立するかどうかは、この際横においておくとして、国土防衛の観点から、尖閣が国有地であるべきことに異論はない。

しかし、この政府購入を言いだした野田内閣の裏に、驚くべき亡国の論理があることに気付くべきである。
この野田内閣の論理。国土防衛の観点から、非常に危険だ。亡国的だ。

現在、四月に石原慎太郎東京都知事が、都で尖閣を購入すると明言して以来、全国の国民から、その購入資金が都に献金され、現在十三億円を超えるに至っている。
この献金額は、石原さんが言っているように、「本来、国がしなければならないのに、何もしないから、都でやる」で始まった尖閣購入を、都だけでやるのではなく「全国民が参加してやる」という国民参加の事態に発展していることを示している。

つまり、「国民の尖閣防衛の意思の高さ」を示している。
尖閣を断固として防衛するという「国民の決意」を示している。

そこで、この度、尖閣は政府で購入すると野田内閣が言ったのだが、これは、石原東京都知事の購入発言を切っ掛けとして具体的に示された、「国民の尖閣防衛の意思の高さ」と「国民の決意」に応える為になされたのか。

それとも、それを封印する為になされたのか。
即ち、政府の、「国土防衛の決意」のもとに為されたのか、「国土防衛の放棄」のもとに為されたのか。
これを見極めねばならない。

 
尖閣に関して、

\府の今までしてきたこと、
東京都の購入計画に対する中共の非難恫喝、
その中共に対応する形での野田内閣の購入発言、
い海旅愼発言が為されるまでの、北京における我が国の売国大使と中共政府との接触とその内容の東京への伝達、そして東京における中共工作員の政府・与党中枢への工作活動、
ダ府購入発表とそれを歓迎する朝日新聞の社説(七月八日)、等々を総合すれば、
明確に結論がでる。

野田内閣の尖閣購入発言は、中共の了解のもとで為された中共に対する「国土防衛の放棄」の意思表明である。
この「政府購入発言」は、石原知事の「(尖閣購入は)本来国がやるべきこと」という発言をこれ幸いと利用して、それに則った形をしているので、あたかも、石原知事の志を野田内閣が継承した如く偽装している。

しかし、野田内閣のこの度の尖閣購入発表は、日中両政府共同の日本国民を欺く「狡知」によって為されているのだ!

尖閣に関して、

\府が今までしてきたこととは、中共の意向に従って、日本国民を断じて尖閣に上陸させないということである。
平成九年五月に、石原慎太郎さんと私が、尖閣諸島に行こうとしたとき、それを阻止しようとしたのは、他ならぬ日本国政府である。

そして、上陸視察に成功した私を非難したのは、日本国政府と与党の一部そして、その時の野党(つまり今の与党の面々)であった。
従って、今の野田民主党内閣も、この中共の意向に沿った尖閣に日本人は近寄らせないとう基本方針は堅持しており、日本国民を敵視して、断じて日本国民を尖閣に上陸させない。

従って、まさに現在も、先日密かに尖閣に上陸した石垣市議の仲間均さんらは、この野田内閣の意向に沿って、被疑者として海保の取り調べを受けているのである。
現在、野田内閣は、尖閣に上陸した石垣市市議を取り調べているのである!


↓い砲弔い董
石原知事の尖閣購入発表と、それを支援せんと多くの国民が購入資金を献金していることに関する中共の恫喝的非難と、こともあろうに、その中共に迎合する我が国の駐中国大使某の石原非難発言を思い起こしてほしい。
ポイントは、この某売国大使を野田内閣は更迭せず未だ北京でうろちょろさせているということである。

ということは、北京でこの売国大使は中共政府と、中共の意向に沿った打ち合わせを行うとともに、日本国内世論誘導策を協議しているということである。ひょっとしたら、某新聞の北京支局長あたりも一枚咬んでいる可能性も大だ。

つまり、の野田内閣の尖閣購入発表は、野田内閣が、この売国大使を更迭せずに北京で「仕事」をさせている中で、発表されている。
これだけで、この野田内閣の発表は、「中共の意向」と無関係に為されたのではないことは明らかではないか。


では、野田内閣と北京にいる売国大使は、尖閣をどうしようとしているのか。それを野田内閣に代わって先行自白しているのが朝日新聞の社説(七月八日)だ。

もともと、朝日新聞は、北京の売国大使の言動と一致した石原批判をしてきた。
はやくも四月十八日には、「尖閣買い上げ、石原発言は無責任だ」という社説を発表している。
そして、七月八日の社説に至る。


この社説は、まず冒頭に、野田内閣による尖閣の購入つまり国有化は、「長い目で見れば、政府の管理下、いらぬ挑発行為を抑え、不測の事態を避けるのが目的だ」として歓迎している。
そのうえで、驚くべき結論に至っている。

つまり、従来の日本国政府が如何に中共に弱腰ではあっても、これだけは譲ってはいなかった領土に関する基本原則である、「日中間に領土問題は存在しない」を放棄することを日本政府に求め国民を納得させようとしているのだ。

即ち、本社説の結論は、末尾のこれだ。
「日本政府は、『日中間に領土問題は存在しない』という立場をとってきた。理屈はその通りだとしても、それ一辺倒では問題の前進は難しいのも確かだ。
これを機に、争いがあることを認め、双方が虚心坦懐に向き合うことを望む。」

これは、驚くべき売国の社説だとは思われないか。

まずこの社説は真実を消去し事実を捏造している。
日本国政府が堅持してきた「日中間に領土問題は存在しない」は「理屈」ではなく「真実・事実」である。
日本にこの「真実・事実」を捨てて、「領土問題は存在する」という嘘を前提として中共と「虚心坦懐に向き合え」とは、強盗と、強盗が狙っている金品が誰の物かと「虚心坦懐に話し合え」ということではないか。アホか、馬鹿馬鹿しい。アホも休み休み言え。
 
また、社説は、「何かにつけ中国への敵意をむき出しにする石原慎太郎知事だ。都が購入すれば、中国との間で緊張が高まる懸念があった」と無礼なことを書いているが。
これは事態を逆にして事実を捏造している。
何かに付け、日本への敵意をむき出しにしてきたのは、中共ではないか。

特に、本年の三月十六日から、中共は、尖閣周辺に政府の「公船」を複数隻繰り出してきて定期的な活動を開始したが、それを中共政府は、「日本の尖閣の実効支配を打破する為だ」と公言したのである。つまり、中共は「日本の領土を奪う」と宣言したのだ。
石原さんの言を借りれば、「強盗がお前のところに押し入るぞ」と言ってきたのだ。
これは、宣戦布告的恫喝である。
緊張を高めたのは、中共ではないか。
本社説はこれを無視して事実を捏造している。


次に、野田内閣、民主党内閣が、尖閣を購入すると言うことは、従来通り、「日本国民を尖閣に上陸させない」という政府の管理方針を貫くことである。
朝日新聞と社説は、石原氏の東京都がこれを購入すれば、国民を上陸させるから嫌なのである。何故嫌か、中共様が嫌がるからである。

要するに、朝日新聞と社説は、日本人が触れないように尖閣を綺麗に贈答用に封印しておいて、いつでも、日中友好の為に、中共に差し上げることができるようにしておきたいのだ。
そして、社説は、野田内閣に尖閣を購入させれば、尖閣は「対中共贈答用に密封保管される」と言っているのだ。
 
以上が朝日新聞の社説が事実を捏造しながら主張していることである。そして、既に述べたように、野田内閣の尖閣購入の目的と狙いが、在中売国大使とこの社説の意向に沿うものであることは明らかである。
 
従って、日本国民は、野田内閣が売国的狡知を以て中共と打ち合わせて仕組んだ尖閣購入計画のからくりを見抜き、断固としてそれを阻止しなければならない。
尖閣の購入はあくまで石原慎太郎氏と国民が当初から望んで多額の献金を拠出しているとおり、石原慎太郎氏が知事を務める首都である東京都が為すべきである。

さらに、諸兄姉、ここで止まってはいけない。ますます多くの国民が購入資金を東京都に拠出しつつ、
今一歩前進して、次のプロセスを実現しよう。
 
即ち、尖閣諸島は、
まず、石原慎太郎氏が知事を務める東京都が購入する。
次にその東京都から、石原慎太郎氏が内閣総理大臣を務める日本国政府が購入して国有化する。
このプロセスを、これから、一年以内に実現させる!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

民主党は支那の犬なんだから、裏がなきゃあんなこと堂々と言えないだろうよ!
支那から発言のお許しもらっているんだろうよ!


【片桐勇治・山村明義】見えてきた今後の政局と日本 Part2[桜H24/7/12]




尖閣諸島は東京都が購入しなければ駄目ですよ!
今の売国政府が尖閣国有化したら、支那に献上したも同じことになります!
国の尖閣国有化発言に騙されないように、東京都の尖閣購入寄附金を続けましょう!
あんな政府なんて、すでに機能不全ですから無視しましょう!
民主党の議員がいままで無事でいられるのが不思議でならない!


東京都尖閣諸島寄附金




人気ブログランキングへ

地域の皆さん こんにちは。

石原東京都知事が11日、衆議院の決算行政監視委員会に参考人として出席しました。
「本当は国がやるべきだ。東京がやるのは筋違いだが、やらざるを得ない状況だ」
「自分たちの家に強盗が入るぞと宣言しているのに戸締まりをしない国がどこにあるのか」
と怒りをあらわにし石原節が炸裂しました。



話の中での外務省の売国奴ぶりにはあきれてきますよ!
「日中関係に極めて深刻な危機をもたらす」と発言した、支那の犬である丹羽宇一郎駐支那大使を民主党は更迭しないそうだがふざけるなと言いたい。
即刻、丹羽を更迭せよ!

あと、動画の右下に出てくる頭カラッポそうなボケ男がうざすぎます。
今の国会議員なんてこんな奴ばっかじゃないのかね!!

民主党は最悪、自民党は最低じゃないの!!



人気ブログランキングへ

地域の皆さん こんにちは。

石原都知事の尖閣諸島買い取りに対し、国民のひとりとして寄付をしたいとの多数の声寄せられ、その声を受け止めるために口座が開設されました。

尖閣購入「間違ってると思う日本人がいたら、お目にかかりたい」(産経ニュース)


ーーーーーーーーーーーーーーーー

尖閣諸~1

東京都尖閣諸島寄附金について

下記の金融機関への口座振込みにより受付いたします。
みずほ銀行 東京都庁出張所(店番号777)
口座名「東京都尖閣諸島寄附金」
普通預金 口座番号 1053860 


みずほ銀行本支店以外の金融機関のATM、窓口で振込む際は、手数料がかかります。手数料はご本人の負担になります。


寄附金が現金で10万円を超える場合など、ATMで取扱いができず、金融機関の窓口での振込みが必要な場合は、専用の振込用紙をお送りしますので、お手数ですが、以下の連絡先までご連絡ください。

連絡先  東京都 知事本局 尖閣諸島寄附担当
直通電話 03−5388−2206
FAX 03−5388−1215
郵送宛先 〒163-8001 東京都 知事本局 尖閣諸島寄附担当
FAX又は郵送にて振込用紙を請求される場合は、こちらの様式(PDF形式,109KB)をダウンロードしてください。 
電話受付時間  月〜金 9:00〜18:00(国民の祝日等の閉庁日は除きます。) 


窓口での振込みの際には、通帳などが必要になる可能性があります。詳しくは、ご利用になる金融機関にお問合せください。


東京都が、尖閣諸島のため皆様から寄附金をいただく口座は、上に掲げた口座のみになります。その他、東京都の名称や東京都知事の名を用いて寄附を募る事例があったとしても、東京都が関与するものではないので、ご注意ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寄付案内にもありますが、尖閣諸島寄付金は、この口座だけです。
偽寄付団体による便乗口座もありうるので注意しましょう。
支那の手下のマスゴミは、国民世論とは逆の報道で、世論構成しようとしていますが、国民を舐めるなといいたです!
税金使うなとか他にやることがあるとか発言する馬鹿もいますが、これは国防問題です。



変態毎日新聞に変態識者は、支那に移住しろよ!


そういえば本日4月28日は、サンフランシスコ講和条約が発効され日本が主権を回復した日ですね。
しかし、表向きは主権は回復していますが、実際は主権が回復しているとは思えません。
自分の国は自分で守るという決意がなければ主権国家とは言えないのです。
やはり、一番の問題は日本の占領期に押し付けられた糞日本国憲法のせいでしょう。
こんな歪な憲法は早く破棄しないとまともな主権国家にはなりません。
この憲法の前文は、ほんと気持ち悪いですよ。


「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」

何じゃこれはですよ。
支那・南北朝鮮が平和を愛する諸国民か!
こいつらが公正、信義とは笑わせる!
公正とか信義とかが一番あてはまらない国ではないのかね!
こんな野蛮な国家を信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意するなんてキチガイとしか言えない!


占領憲法・占領典範もいらん、国軍創設し核武装しろ!
スパイ防止法つくり工作員狩りしろ!

まずは日本人一致団結して、日本の領土である尖閣諸島を守りましょう!


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ