西新宿 百人町 新宿周辺情報

西新宿、百人町を中心とし、またその周辺のおいしいお店や便利な施設の紹介や地域への様々な告知

タグ:人権侵害

地域の皆さん こんにちは。

親族が経営する企業と中国企業との関係性から、首相に就任した場合の中国政策への影響を懸念するのではないかについて、「私の政治活動に影響を与えるということは全くない」と明言した。
もう、影響がでているではないか!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

対中非難決議、総裁候補3氏「採択すべき」 河野氏回答せず(産経ニュース)

自民党総裁選(29日投開票)に立候補した岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行は22日までに中国政府による諸民族への人権侵害行為を非難する国会決議について「採択すべきだ」との考えを示した。

日本ウイグル協会など国内13の民族団体などで構成する「インド太平洋人権問題連絡協議会」が候補者アンケートを実施し、結果を公表した。
河野太郎ワクチン担当相から回答はなかった。

高市、野田両氏は「年内の臨時国会で直ちに採択すべきだ」と回答した。野田氏は「私にとって人権問題は重要事項のひとつであり、どの国、どの地域においても、一人ひとりが自分の生き方を決めることが大切だ」とも答えた。

岸田氏は「時期は分からないが、採択すべきだ」とした。
岸田氏は、岸田政権でウイグルや香港での人権弾圧に対応する人権問題担当の首相補佐官を設置すると表明している。

同協議会によれば、河野氏の事務所は「回答しない」と連絡してきたという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この4人の中で、極道の妻が一番左かと思ったら、河野はもっと左だった!!
河野は、反日左翼であることがはっきりした!!
河野を応援している議員も炙り出した方がいい!!


人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

大統領選挙の1月6日は大変な日になりそうです。
テッド・クルーズ議員を含む12人の上院議員が異議申し立てをするそうです。
トランプ大統領も膨大な証拠を提出すると発言しています。
当日は想像もつかないことが起こります。
期待をしたいと思います。

ところで、国内の香川県東かがわ市がとんでもないことをしようとしていました。
2020年1月3月末に128年の歴史に幕を引き閉校した「東かがわ市立 福栄小学校」跡地を、役所みずからが中国北京の学校法人へ無償で提供しようとしていたのです。
その契約は、役所と住民との十分な合意もなされていなかったのです。
チャイナとの国際交流とは、侵略を意味するのです。

中国へ無償提供 東かがわ市・学校跡地を秘密裏に 反対署名も民意届かず 来春 交流再開【拡散希望】

今現在、アメリカを中心に自由主義国家は、独裁国家チャイナ共産党に厳しい対応をしているが、日本政府は逆のことをしています。
国も地方も馬鹿の集まりです。
日本は、アメリカよりも深刻でしょう!!




中共は国際交流を使って、世界で侵略行為をしてるのです!!
人権侵害国家との国際交流なんてありえない!!
人権問題と国際交流は別とか言ってる奴は、人権侵害を容認しているのと同じ!!
日本人もアメリカ人のように声を上げないと未来がない!!
日本も親中という売国奴を排除しないと先がないぞ!!

 


人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

森ゆうこの一般国民への人権弾圧を許すな!!


2019/10/23 に公開

<2019年10月23日収録>

◆署名はこちらから!!


【説明者】
◆池田信夫
加藤康之 
◆岸博幸
◆原英史
◆新田哲史 
(五十音順。敬称略)

【内容】
「国会議員による不当な人権侵害を許さず、 森ゆうこ参議院議員の懲罰とさらなる対策の検討を求める」署名活動発起人の内、以下の皆さまが、衆議院第一議員会館会議室にて、記者説明会を緊急開催しました。その様子の全編をこちらの動画でご視聴いただけます。少し映像が見づらく申し訳ございませんが、多くの皆様にご視聴いただけましたら幸いです。


【当日の配布資料】


【SNS】フォロー、いいね!よろしくお願いします。
Twitter:@seisaku_cafe
Facebook

【原英史・政策工房代表のSNS】
Twitter
Facebook

ーーーーーーーーーーーーーー

特定野党議員は、日本のためでなく、支那や朝鮮のために議員をやっているのです!!
こんなゴミはほっといて、先に進めばいい!!


人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

マスゴミは、加害者にも人権があるとかよく言うが、被害者の人権は無視して、なんでも報道するよな!!
ひどいと最後は被害者を叩く!!
ほんとうに頭にくるゴミどもだ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

京アニ代理人、25人公表・報道に「大変遺憾」 「一部ご遺族の意向に関わらず...」

「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は2019年8月27日、新たに犠牲者25人の名前を公表した。

 それを受けて一部メディアは実名を報道したが、京アニの代理人弁護士は「大変遺憾」とのコメントを出した。

■報道控えたメディアには「感謝」

 犠牲者35人の身元をめぐっては、8月2日に遺族の了承が得られたとして10人の身元を明らかにしていたが、残る25人については、府警は発表時期を慎重に検討していた。

 対して京都府内の報道12社でつくる在洛新聞放送編集責任者会議は8月20日、事件発生から1か月以上たっても残りの25人の発表がなく、「事件の全体像が正確に伝わらない」と懸念を伝えた上で、「過去の事件に比べても極めて異例」として速やかな実名公表を求めていた。

 こうしたマスコミの要請を受けてか、府警は27日に25人の実名を公表。メディアによって初報の書きぶりは分かれ、25人の情報(氏名、年齢、住所など)を載せるメディアと載せなかったメディアがあった。

 京アニ代理人の桶田大介弁護士は同日、ツイッターで「弊社の度重なる要請及び一部ご遺族の意向に関わらず、本日被害者の実名が公表、一部報道されたことは大変遺憾です。弊社は、京都府警及び関連報道機関に対し、改めて故人及びご家族のプライバシーとご意向の尊重につき、お願い申し上げます」と要請。一方で、「公表に関わらず報道を控えていただいた報道機関のあること、認識しております。当該報道の関係者におかれましては、節度ある対応をいただいておりますことについて、感謝申し上げます」とも付言した。

ーーーーーーーーーーーーーーー



>「事件の全体像が正確に伝わらない」
犠牲者の実名は必要ないだろ!!

>「過去の事件に比べても極めて異例」
なんでもかんでも犠牲者の実名報道するのが異常なんだよ!!

マスゴミは、屑の集まり!!


人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

いまだに台湾が中国の一部だと思っている人は、相当な情報弱者のお花畑です。
台湾は、国家の三条件である主権・領土・国民がそろっている。
歴史上も中国の一部になったことはないし、人種が全然違うだろ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マックのネット広告「国籍台湾」中国で批判殺到(読売新聞)

【広州=角谷志保美】台湾マクドナルドがインターネット上に公開した広告で、登場する大学受験生の受験票の国籍欄が「台湾」となっていたため、中国で批判が殺到した。中国マクドナルドは19日、「誤解を招き遺憾だ。我々は一つの中国の立場を堅持している」と表明した。

 広告は受験生を応援する趣旨で制作されたもので、今月から公開されていた。中国で問題視されたのは、受験生の受験票が映し出された約2秒間の場面で、「マクドナルドは台湾独立支持だ」「打倒マクドナルド」などといった書き込みがネット上にあふれた。

 台湾を巡っては、中国が主張する「一つの中国」の原則に対し、蔡英文(ツァイインウェン)・台湾総統は受け入れない姿勢を示している。このため、蔡氏が昨年訪米した際に立ち寄ったコーヒーチェーン店が、「台湾独立派」として不買運動の標的にされるなど、中国のネット利用者が敏感に反応するケースが相次いでいる

ーーーーーーーーーーーーーーーー

中国が「一つの中国」と勝手に言っているだけ!!
台湾侵略のプロパガンダ!!
台湾が中国なら何故中国には選挙がないのかね!!
国民に主権もない!!
ナチス以上の独裁国家!!




人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

独裁国家である支那共産党の脅しに屈して、全日空(ANA)と日本航空(JAL)が、チケット予約ページの台湾を中国台湾と書き換えました。
これは、支那共産党の台湾侵略を正当化するようなものです。
「台湾は日本の生命線!」より転載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本航空も中国に屈従!ANAと足並みそろえた台湾侮辱

このほど全日空(ANA)だけでなく、日本航空(JAL)もまた、台湾侵略を目指す中国覇権主義の不当な要求に従っていたことが分かった。

ウエブサイト上の「台湾」の表記を「中国台湾」へ書き改めるよとの、中国民用航空局(民航局)からの要求(ホワイトハウスはこれを「脅迫」と呼んでいた)に従ったのだ。

中国側が、これら二社を含む各国の航空会社に書簡を送り、報復(中国の法律に基づく処罰)をちらつかせつつ上記の要求を行ったのは四月二十五日。そして受け入れ期限として設定された五月二十五日の中国民航局の発表では、二社を含む複数の会社はいまだ要求に従ってはいないものの、そのすべてがすでに延期を申し出ており、いずれは書き換え行うことになるとあった。

それのどこまでが本当かはわからないが、しかしANAに聞くと、中国民航局に延期を願い出たことを認めた。だがそれでも二社はなかなか書き換えを行わず、中国の要求を拒否しているかにも見えた。

そこで我々は「中国の要求は拒否を」などと両社に訴え続けた。両社はいずれも台湾に便を飛ばし、台湾人は大変なお得意さんであるわけだから、あの国を裏切ることはないだろうと、私は楽観視もしていた。
20180614132620cd3













20180614132618911












上は日本向けでしたは台湾向け。中国の指示には従わず「中国」と「台湾」は今も併記されているが…

ところがその期待は見事裏切られた。

ANAが六月十二日に中国向けサイトと香港向けサイトのチケット予約ページで「台湾」を「中国台湾」と書き換えたのだ。その他の台湾、日本向けなどのサイトでは「台湾」のままだから、台湾や日本の乗客、国民に気付かれないように、中国の歓心を買おうとしているのは明らかだ。

そこで気になったのが一方のJALだ。こちらはどんな状況下を確かめようとした矢先、台湾人から通報があった。簡体字サイト(中国向けサイト)はすでに中国に屈服していると。

実際に開いてみると、たしかにそうなっている。ANAと同じく、中国、香港向けサイトだけでの書き換えだ。
http://www.cn.jal.co.jp/cnl/zhcn/
201806141326191c2












http://www.hk.jal.co.jp/hkl/zhhk/
201806141326191c2












上は中国向けの簡体字版で下は香港向けの繁体字版。「一つの中国」という覇権主義国家のプロパガンダに従い、つまりあの国の言論統制に服し、「台湾」を「中国台湾」に書き換えた

そこで私は十四日午前、JALの意見・要望受付窓口に電話を入れ、応対に出たOさんという女性職員から、六月十一日に書き換えを行ったと聞かされた。

そこで質問した。「なぜ書き換えを行ったのか、その理由を知りたい」と。

それに対するOさんの答えは以下の通り。

「(回答は)控えさせていただく。社内の事情があるし、他社と足並みを揃えているので」

「他社とは全日空か」と聞くと、「はい」との返答。

ANAと同時期、同手口だから、両社の措置は示し合わせた上でのものかと疑ったが、やはりそうだったのだ。きっと両社はその上で、中国の承諾を得たのではないだろうか。「私共はこのように台湾を中国領土と認め、貴国の面子をお立てします。どうかこれくらいでご勘弁下さい」とか何とか言ってだ。

そこで私がOさんに、「台湾を中国の一部と考えているということか」と聞くと、「会社としてそうしている(そのような立場だ)」と断言した。

日本では、例えばマスメディアなどは、一方では中国への配慮で台湾を中国領土扱いする報道を行っても、しかしその一方では断じて「台湾を中国の一部と考えている」などとは言わない。

なぜならそれが事実に反しているのを知っているからだが、しかしJALは公然と、そう言ってのけたのだから大胆だ。

淡々とした口調で終始したOさん。マニュアル通りとはいえ、もう少し気まずそうな態度を見せればいいものを(そのあたりはANAの窓口職員とは違う)、そうしなかったのはJALには「罪の意識」が希薄だからではないだろうか。

そこで私は要求した。

「たとえ中国人、香港人であれ、利用者に誤情報を押し付けるな」

「台湾人を侮辱するな」

「独裁国家の言いなりになり、日本の顔に泥を塗るな」

そして、そしてその上で、速やかなる訂正を求めたのだった。

この時はさすがにOさんも、ちょっと恐縮している感じではあった。

ひとたび中国の政治的圧力を受け入れれば、更にあらたな圧力を呼ぶことになる。自分自身に対する、あるいは他の日本企業、そして世界中の企業に対する不当要求は、さらに拡大していくことだろう。

JALには自分たちがいったい何をしでかしたのかをよく考えてほしいのだ。

台湾は中国領土ではない!
中国の不当要求に屈したJALとANAに対し
「中国台湾」を「台湾」に訂正せよと求めよう!

■JAL お客さまサポート室

メール https://
www.jal.co.jp/voice/ →「問い合わせフォーム」
電話 0120-25-8600 携帯電話からは0570-025-519 [有料] 9:00〜17:00 [年中無休]

■ANA ご意見・ご要望デスク

メール https://
contact-jp.ana.co.jp/app/ask_anacs_pcjp

電話 0120-029-787 携帯電話からは:03-6735-7922 9:00〜17:00 年中無休

【関連記事】
全日空が陥落!中国の圧力で「台湾」を「中国台湾」にー抗議を!媚中企業撲滅運動に協力を!18/06/13
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3316.html

ーーーーーーーーーーーーーーー転載終わり



2018/06/16 に公開

【台湾CH Vol.237】 向背叛台灣的JAL與ANA提出抗議! / 在台北進行2020台湾正名運動之日台交流現況

本節目使用日台語言。本集報導: ‘本航空與全日空最終還是屈服於中国民航局的壓力,在網站上將「台湾」註為「中国台湾」。其過程到底如何? 日本與台灣的2020東京五輪台湾正名運動相關團体舉行記者會等進一步深化合作關係。主播:永山英樹・謝恵芝

台湾チャンネル第237回は、,弔い貌本航空と全日空がついに中国民航局の圧力に屈し、サイト上で「台湾」を「中国台湾」と書き換え。その経緯について。日本と台湾で進む2020東京五輪台湾正名運動。台北では両国の運動団体が記者会見を開くなど、更なる提携の深化が。キャスター:永山英樹・謝恵芝

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html
◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp
◆チャンネル桜YouTubeページ
https://www.youtube.com/user/SakuraSoTV
◆チャンネル公式ツイッター
https://twitter.com/ChSakura217

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

全日空(ANA)と日本航空(JAL)の行為は、台湾人への人権侵害だろ!!
日本人は、全日空(ANA)と日本航空(JAL)に抗議しないと支那共産党の台湾侵略を認めたことになる!!


人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

TBSあさチャンで、昭恵夫人が、財務省職員の自殺が発覚した夜に銀座のパーティーに出席と報道していました。
自殺とパーティー出席は、まったく関係ないだろ!!
何をしてでも昭恵夫人を悪者に仕立て上げたいようだ!!

とんでもない印象操作だ!!

f6c9a672-sc6af7371-s


















わざと変な写真を使用してます!!
これ苛めと同じだろ!!
集団リンチ!!
ゴミは、日本一悪の集団!!
こいつらが、日本の社会を悪くしている原因だ!!

ーーーーーーーーーーーーーーー

野党・メディアは魔女裁判をいつまで続けるのか?

森友・加計学園問題をめぐって今起きていることはつまるところ魔女狩りであり、魔女裁判ではないか。

事実や実態などどうでもよく、ただ自分たちが「敵」または「いけにえ」に選んだ相手を、手段を選ばず火あぶりにしようとしているだけではないか−。

●冗談のような倒錯

この1年余、野党議員や一部メディアが主張し、国民を誘導しようとしてきたことは、筆者の目には次のような倒錯だと映る。

「既得権益は尊く、岩盤規制は正義だ。規制緩和による公正な競争の導入など許せない」

「『面従腹背』を座右の銘とし、風俗店に通い詰める天下りの元締は無謬(むびゅう)の聖人君子だ」

「虚言癖があり、補助金詐欺容疑のある男の証言は信用できるが、安倍晋三首相の言葉はみんな嘘だ」

「官僚は常に善にして義なる者で、有権者が選んだ政治家はいつも悪い。政治主導より官僚支配がいい」

「行政府の長であり、憲法72条が『行政各部を指揮監督する』と定める首相が行政に口出しすると、行政はゆがめられる」


「メディアは、事実や証拠に基づかなくても政権を批判すべきだ」

しゃれや冗談ではない。連日、テレビのニュース番組や新聞紙面で論じられていることを要約すると、こう結論せざるを得ない。


ーーーーーーーーーーーーーーー

ゴミに勤めてるやつは、誰にも言えない恥ずかしい職業だと自覚しろ!!
ゴミ以下の職場にいる人間もどき社員!!
こいつら、精神異常としか思えない!!


人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

マスゴミは印象操作ばかりしていますね!!
最近の報道はもはや選挙妨害だろ!!




都民ファースト・平慶翔、「上申書は偽造文書」「私の筆跡ではない」と反論 →退職届と筆跡が同じで大炎上          





小池パヨクファーストにどれだけの馬鹿都民が投票するのかね!?
テレビしか見てない奴はまた騙されるんだろうな!!
都政版民主党が出来たら後悔しても遅いぞ!!



人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

沖縄での「土人」発言に対し、一方的に機動隊を叩く報道やテレビでアホのコメンテーターが機動隊のみを悪者扱いしている。
一方的な偏向報道です!!
反対派の馬鹿どもの機動隊への人権侵害は酷いものです。
あれだけのことされたら、我慢の限界で「土人」とも言いたくなるだろう!!
あいつらは、土人以下です!!

困ったことに「土人」発言で、国会でも大騒ぎして、機動隊を叩いている。
国会議員は全員沖縄へ行って現実を見て来いよ!!
お前らが機動隊を護らずして誰が護るのかと言いたい!!
トップが無能の馬鹿だと部下の士気も下がるよ!!
もはや国民が機動隊をゴミの偏向報道から護るしかないとのことで、大阪でデモが開催されるそうです。
東京でもやってほしいです!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

機動隊(沖縄派遣)を偏向報道から護るデモ【賛同したらシェア】

沖縄に派遣された機動隊員に対し、重大な人権侵害が公然と行われている事実に対し、怒りと悲しみを禁じえない。
個人では抗いきれぬ偏向報道という暴力に強く抗議する。
厳しい職務を遂行する機動隊員の名誉と人権を護るため、応援する意思表示としてデモを行う。
併せて講演会を行うため、ここに告知する。

機動隊員への人権侵害は極めて深刻であり、暴言どころか殴打まである。警察官という身分ゆえ耐えるしかない現状にあった。東大の安冨歩(研究所)教授は「非暴力の闘争で最も大事なのは(中略)相手を挑発して暴力を使わせるか」という、とんでもない意見を発表した。無抵抗の警察官をなじり、挑発し、暴言を引き出した証拠である。同教授は「さらに挑発的なアクションをどう起こすか」と続け、さらには「大成功」とまで述べている。恐ろしいことにこの意見は報道を媒介して発表されたのだ。

ヘイト行為の定義は不明瞭で、法制化には恣意的運用の危険性も提起された。その上でヘイトスピーチは許されざる行為であり、明確に反対の意思表示を行う。挑発に屈し追及されるべき失点はあったことは事実だが、「警察官への人権侵害」は報じられておらず、両論併記とは言い難い。まさに偏向報道による暴力である。


歪んだ報道は、職務に励む機動隊員を社会的に抹殺しようとする「個人攻撃」「イジメ」の構図に他ならず、その一因として警察官であること、機動隊員であることが背景にあるのであれば、職業差別に他ならない。職業差別は、明確にヘイトスピーチである。許されえぬ行為だ。


偏向報道による報道イジメは、一個人では抗いきれぬ、筆舌に尽くしがたい規模となっている。
相手が機動隊員であれば何をやってもいいとすら思っているのだろう。
警察官ゆえ、反論もできぬ前提でやりたい放題に叩く様は、報道暴力・個人攻撃の様相を呈している。


支援の声、支持の声があることを、
実際に目の前で示すべきと感じ、
デモの開催を、政治家として皆様に告知する。


奮ってご参加をお願いしたい。
併せて同日、講演会を挙行する。
私も講師として出席する。
そちらへの参加もお願いしたい。

8a5f7230-s



ーーーーーーーーーーーーーーーー

これが平和を愛する人々かよ!!
こいつら、支那共産党から雇われた暴力集団です!!
  



マスゴミのゴミ屑や基地外左翼から機動隊を護りましょう!!
偏向報道を許すな!!



人気ブログランキングへ

地域の皆さん こんにちは。

第三者という名の舛添の弁護士による調査報告を聞いて、納得した都民がどれだけいるのかね!?
シルクの男性用中国服を購入に関して、シルクの服は舛添氏は「書道の際に使うと筆がスムーズ」と説明、実演し、説得力はあった。服も当日使ったか分からないが、墨汁で汚れている。政治活動にも役立っており、不適切とは言えない。
この説明聞いて、「なるほど」と思う人が何人いるのかね!!
弁護士の会見は、茶番です!!
舛添がやってることが、問題ないなら法律の方がおかしということですよ!!

o0675120013666111487


































あと、自民党が作ったヘイトスピーチ解消法ですが、予想どおり反日に悪用され5日の川崎や渋谷の合法デモに対して、日本人言論弾圧が行われました。
自民党の西田が頭になり制定したそうだが、この5日の事件を見てどう思うのかね!?
外国人が「日本人死ね!人殺し日本人!」は許されるとか・・・ヘイトスピーチ解消法は悪法としか言いようがない!!
舛添といい西田といい、日本の政治家・・・政治屋の劣化は激しいと思います。



自民党は、過去を学ばず、また日本を貶めた!
だが、これでも他の党よりはマシというのが、不幸だよ!!
民進党・社民党・共産党に入れたら、日本即死だもんな!!
自民党も少し左・・・真中より少し右の政党が出来てほしいよ!!
選択肢がないから自民党は日本国民を舐めているんだろうな!!


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ