西新宿 百人町 新宿周辺情報

西新宿、百人町を中心とし、またその周辺のおいしいお店や便利な施設の紹介や地域への様々な告知

タグ:ナショナリズム

地域の皆さん こんにちは。

自民党は、創価公明党なんかと連立してるんだから保守ではありません。
日韓合意して英霊の名誉を傷つけた奴が、保守なわけありません。
だからと言って、自民党以外に選べる政党がないのです!!
民進党・共産党・社民党・国民の生活なんか論外だし、こいつら日本の政党ではありません。

結局、自民党も駄目だが、自民党しかない・・・・・自民党の議員は「どうせ自民党しか投票しないよ」と国民をなめてると思います。
今回やっと真中より右の政党ができます。
この政党をなんとか成長させないと日本の将来が暗いです!!
日本第一党を応援するよ!!

99d83747
















 

ーーーーーーーーーーーーーーー

産声を上げた 日本第一党 !

新党名 日本第一党 (にっぽんだいいちとう)
略称 日本一 (にっぽんいち)

 

英字 Japan First Party
英字略称 JFP


党首 桜井誠 / 最高顧問 瀬戸弘幸


昨日、発表した新党名及び党首、最高顧問の紹介です。党三役(副党首、幹事長、事務局長)については人事案が現在進行形で練られている状況です。また、党政策についても最終段階に来ており、党首の決定を経て皆様に提示する見通しです。入党については、細かい点を話し合っており、法的に問題が無い形で皆様にご案内できるよう鋭意努力しております。


本来であれば党名発表と同時に、上記案件についても皆様に提示しなければならないとは思いますが、何よりもまず新党名をお伝えすることが優先だと考え、今回の発表に至りました。人事、政策、規約などについても今後、できる限り早く皆様に提示していく所存です。何卒今しばらくお待ちいただけるようお願い致します。


今回の「日本第一党」の成立で、これまで消極的な投票に甘んじてきた有権者に、右側の選択肢(唯一の選択肢)を与える事になります。中道左派の自民党は確かにこれまで何十年にもわたって日本の中枢で地方・中央それぞれの政治舵取りを託されてきました。しかし、その舵も徐々に錆びつき、現在では右にも左にも舵を取れない状況、金属疲労ならぬ制度疲労を起こしているのではないでしょうか?


このことに多くの人が気が付きながら、だからといって他の野党に任せた結果、七年前の民主党(現、民進党)の大参事に繋がった訳ですから、とてもではないが自民党に代わって政権を任せられるような政党は存在しないと考えてきたと思います。しかしながら、このまま自民党政権が続いても日本は緩やかな死を迎えるだけであり、決して現在の日本が改善することはありません。


だからこそ、我が党が存在するのであり、日本第一党は国民の声に寄り添う唯一の国民政党として産声を上げたのです。よちよち歩きの政党ですが、皆様のご支援ご協力で少しずつ成長する政党に育て上げたいと考えています。是非宜しくお願いします。

 
ーーーーーーーーーーーーーーー

日本人の日本人による日本人のための政党!!

日本第一党を応援しよう!!




人気ブログランキングへ

地域の皆さん こんにちは。

桜井誠氏が、都知事選に勝利することは難しいとは思いますが、歴史を変える一歩になると思います。
共産党、民進党の候補者は論外ですが、自民党もなんやらもめているようで、こいつらもまったく日本国民、都民のためにどうするかという思考がまったくないです。
自民党都議会の連中も自分の利権や地位のことしか考えていないのです。
国会議員もそうですが、議員が職業になっては駄目ということです。
桜井誠氏の都知事選に向けての7つの公約ですが、立派であると思います。
というか、当たり前のことだしまともです!!
いままでが異常ではないですか!!

o0498031013685163227













桜井誠、 「日本を取り戻す7つのお約束」

1. 都内に在住する外国人の生活保護の支給を停止し、生活保護の受給者は日本国民に限定する。
2. 都内の不法残留者を4年間で半減させる。
3. 日本人に対し外国人が虚構の歴史に基づいて責め立てる反日ヘイトスピーチを禁止する。
4. 税の公平性に反し減免されている、総連・民団の中央本部および関連施設への課税強化を図る。
5. 違法賭博パチンコに対し規制を実施。
6. 韓国学校建設については中止。
7. コンパクト五輪の意義を考え、現行の東京五輪案の改善を図る。




与党も野党も共通するところは、日本国民の方は向いていないことです!!

議員になるのが目的なんです!!

戦後70年・・・そろそろ歴史の歯車が動く音が聞こえてきた!!


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ