地域の皆さん こんにちは。

下の動画見てください。
超お花畑でない限り、ワクワクは必要ないと気づきます。
なのに何で、政府は必死になって、ワクチンを打たそうとするのかを考えた方がいいです。
そもそも陽性=感染ではないが、政府は感染と扱っている。
PCR検査もいい加減で、何の役にもたたない。
陽性を増やすために使っているのです。





コロナウィルスの遺伝子断片は小さいので、そのままでは機械で検出できません。
温度を下げたり上げたりして、10回・20回・30回・40回と増幅させることにより測定感度に達して、検出できるようになります。
しかし、「CT値(増幅)」の回数により、結果が違ってきます。
このCTの回数を40回以上にすると陽性が出やすいのです。
日本は、40〜45回行っています。
増幅回数で、陽性出し放題です。
2020年7月にニューヨーク市の検査施設でのPCR検査で、794人が陽性になりましたが、40回の増幅回数でした。
その後、同じ対象者に対し、増幅35回にすると陽性者が半分、30回にすると陽性者が3割に減ったのです。
どんだけいい加減なのでしょう!


政府は何で必死になって、国民にワクチンを打たそうとしているのでしょうか??
ワクチンは治験中であり、人類初の遺伝子ワクチンで長期的な影響は未知数!!





人気ブログランキング