地域の皆さん こんにちは。

法的拘束力もなく、無駄な税金を使って行われた沖縄県の県民投票の結果を日本政府が受け入れないそうです。
当たり前だろ!!
国との約束をこんないい加減な県民投票で、覆したら韓国と同じだろ!!
この問題は、安全保障で国レベルの問題!!
基地移転に反対してるのは、日米の分断を企てる支那共産党の手下でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

日本政府、沖縄県民投票の結果受け入れない方向 辺野古埋め立て

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設をめぐり、名護市辺野古沿岸部の埋め立てに県民の大多数が反対した県民投票について、安倍晋三首相は基地移転は「これ以上先送りすることはできない」と述べ、投票結果を受け入れない姿勢を示した。

24日に投開票された沖縄県民投票では、辺野古埋め立てによる新基地計画について「反対」が72.15%に達した。

沖縄の米軍基地については、米兵による度重なる事故や犯罪などのため、住民の反発が高まっている。

日本に駐留する米軍基地の大半が沖縄にある。

安倍首相は25日、記者団に対して、「今回の県民投票の結果を真摯に受け止め」るものの、「日米が普天間基地の全面返還に合意してから20年以上、実現されていない。これ以上先送りすることはできない。これまでも長年にわたって県民と対話を重ねてきたが、これからもご理解をいただけるよう全力で県民との対話を続けていきたい」と述べた。

沖縄県によると辺野古の埋め立てへの「反対」は72.15%、「賛成」は19.10%、「どちらでもない」が8.75%。投票率は52.48%だった。

「埋め立て反対」を掲げて昨年9月に当選した玉城デニー知事は記者団を前に、「政府は、辺野古の埋め立てを決して認めないという断固たる民意を真正面から受け止め、『辺野古が唯一』という方針を見直し、工事を中止するとともに、普天間飛行場の一日も早い閉鎖・返還に向け、県との対話に応じるよう、強く求める」と述べた。

結果に法的拘束力はないが、県民投票条例の規定により、玉城氏は安倍首相と、東京のアメリカ大使館を通じてドナルド・トランプ米大統領に結果を通知する。反対票が投票資格者総数の4分の1を超えたため、両政府に「結果を尊重」するよう要請する。しかし、日本政府は県民投票の結果を無視することができる。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事に新基地とか書いてあるが、ただの移転だろ!!
反対が72.15%とか嘘つくなよ!!
投票した人の72.15%が反対なんだろ!!
実際は、県民の35%ぐらいしか反対していないということ!!
この県民の中に本当の沖縄県民は何%なんだろうな!?
そもそも過半数に達していない!!
他の県民は、賛成かどちらでもない、こんなくだらない投票行けるかだろ!!
ようするに基地移転容認が過半数を超えているということ!!
日本で犯罪率が高いのは、在日朝鮮人韓国人とチャイナだろ!!
嘘の報道に騙され、沖縄県民は馬鹿だとか非難して喜ぶのは、支那共産党!!
日本政府は、粛々と移転を進めればいい!!



人気ブログランキング