地域の皆さん こんにちは。

川崎でまた合法デモにつづき、川崎市も使用許可を認めた合法な集会が、暴力行為で延期になったそうです。
今回もまた在日朝鮮人によるものです。
また、外国人による言論団圧が行われたということです。
ここは日本だということを忘れてる!!
日本は、憲法で表現の自由が保障され、言論では言論を戦わせることとしている。
それを実力阻止などは許されず、暴力行為と同じです。
驚くことに言論を守らなければならない国会議員である有田芳生が先頭に立って行われたのです。
集会は「反ヘイト条例は是か非か」という政策討論会であり、ヘイト集会でもなんでもない!!
ヘイトスピーチを許さないと言ってる方が、ヘイトスピーチをしている!!
この暴力行為を行ったものは、反社会的勢力ということだろ!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「反ヘイト条例は是か非か」討論会が反対派の抗議で中止 講演の弁護士ら、会場に入れず

ヘイトスピーチ対策法施行から2年となる3日、川崎市川崎区の川崎市教育文化会館で3日に開催する予定だった市民団体「ヘイトスピーチを考える会」主催の講演会が、会館前に押しかけた反対派市民団体の関係者らにふさがれ、考える会は集会を延期した。

 主催者の実質的な代表が右派団体「日本第一党」最高顧問を務める瀬戸弘幸氏(66)であることから、市民団体「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」を中心に反発、講演会の中止を呼びかけていた。

 集会は「反ヘイト条例は是か非か」という題で政策討論会を開く予定だったが、数日前から対レイシスト行動集団(前身は「レイシストをしばき隊」)がツイッターなどで「ヘイト集会を許すな」などとして、中止に追い込むよう宣言し、集結を呼びかけていた。

 会館の関係者によると、開場1時間前の午後1時ごろから、抗議に集まった数百人が、講演会関係者らの入館を阻み、激しいもみ合いとなった。

 神奈川県警機動隊は現場で警戒したものの、押しかけた講演会反対派が出入口周辺に座り込むなどし、講演会参加者が入館するスペースを確保することができなかった。

考える会側は午後2時半ごろ、会館に中止、延期を申し入れた。

 川崎市では3月に市立公園や公民館など公的施設でのヘイトスピーチを事前に規制できるガイドラインが施行されたばかり。不許可や許可取り消しができると明記されており、対応が注目されていたが、市は「要件を満たしていない」として適用を見送った。

 会館によると、考える会の講演会は4階で開かれる予定だったが、講演会に反対する団体関係者とみられる個人名で今月1日、6階の大会議室と3階の2つの会議室を使用したいとの申し入れがあり、意見が対立する双方の関係者が同じ会館内に集まる異例の事態となっていた。

 抗議した在日3世の崔江以子(チェ・カンイジャ)さん(44)は「延期という結果を勝ち取った。今後は市がガイドラインを正しく運用してほしい」と話した。

講演するはずだった徳永信一弁護士は「ヘイト規制が表現の自由に対する重大な侵害だ。こういう形で議論を阻止されては何も生まれない」と訴えた。

 対レイシスト行動集団の公式ツイッターには3日、「会場となる3階の第6、第7学習室(108名)は16時の弁士(本文中は実名)の登場をお待ちするまでの間、休憩・懇談・その他の待機のため13時に開場します」などと告知。会館内にも反対派を入れ、断固、講演会を阻止する姿勢を見せていた。

 抗議に参加を表明していた有田芳生参院議員(66)は「ファシストが民衆に追いやられるシーンを思い起こさせます。(中略)暑いなか、お疲れ様でした」とツイートした。

 福田紀彦・川崎市長は5月の記者会見で「公の施設で講演会開催の申請があれば許可するのが原則」と強調した一方、開催当日まで主催者側の情報収集を進め、ガイドライン適用の可否を判断するとしていた。(WEB編集チーム)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本人の皆さん!!
これが合法ですかね??
反ヘイトと言いながら、ヘイトしてる!!
  
【動画】川崎・反ヘイト条例を考える討論会がしばき隊らの妨害で中止 講演の弁護士ら、会場に入れず

中指立てて反ヘイトだと!!
  
e96e88d9-s












延期という結果を勝ち取ったとか言ってるが、何も勝利なぞしていない!!
自分で自分の首を絞めている!!
在日朝鮮人は、法律を守らない無法者だと再認識されるだけ!!
こんなことが続けば続くほど、居場所がなくなるのではないか!?
有田の方が、ファシストだろう!!
このような人達に未来があるとは思えない!!
こんなのに気をとわられてると危険!!
支那共産党の方が、危険だぞ!!
こいつら支那の手先かもな!?



人気ブログランキング