地域の皆さん こんにちは。

笑点で安倍叩きをしていますが、まったく笑えない!!
笑点は、パヨクの自己満足番組だったのか!?

index_2-180















o0563038314199741517
o0565044514199741518





















o0554045514199741523o0551043214199741525











































o0541045414199741716o0564045114199741717































笑点で、このような政治偏向発言は、マイナスにしかならないね!!
そもそも笑点は、落語家のネタでなく、複数の構成作家の手によるセリフであるらしい!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「大喜利メンバーになれば……」ビートたけしも猛批判する『笑点』利権まみれの黒い舞台裏

今年で放送50周年を迎えた日本テレビ『笑点』。5代目司会を務めた桂歌丸の勇退後、新体制でも高視聴率を連発している。

対して、お笑い界の重鎮・ビートたけしは、 「誰が『笑点』を見てるのか、よくわかんない。これだけアドリブなしのカンペだらけの番組なんて、聞いたことがない。大喜利には作家が10人くらいついていて、いろんな答えを作って、どれを誰に答えさせるかまで裏方が考えるってやり方。(立川)談志さんなんか、それが嫌で辞めたんだから」と、以前から『笑点』に批判的だった。


先日、たけしを取材したときも「まあ、司会やメンバーになれば、営業のギャラが変わるからね。落語がうまくなるよりも、『笑点』のレギュラーになることのほうが重要になってきている」と語っていた。そう、『笑点』の大喜利メンバーは“地方営業利権”の恩恵にあずかっていたのだ。


『笑点』は月に2回の収録で、司会だった歌丸のギャラが一番高く、2回分で80万円といわれていた。三遊亭円楽をはじめ、6人の大喜利メンバーは60万円とも。高視聴率を取っているわりには、意外と安いギャラだ。

ところが、地方営業をすれば、歌丸のギャラは1本当たり100万円に跳ね上がるという。ほかのメンバーのギャラも推して知るべしだ。これらのメンバーより実力と人気がある落語家でも、地方営業のギャラは10〜20万円がいいところ。いかに『笑点』のレギュラーがおいしいかがわかる。


しかも、視聴者の大半は高齢者。それだけに、地方営業の依頼は殺到する。歌丸が元気なころは、月20本の営業が入っていたという。単純計算で、年収は2億円以上だ。一般的に落語家は、真打ちになっても、寄席だけのギャラでは食べていけない。

バブル崩壊以降、落語家にお小遣いをくれるタニマチもいなくなった。奥さんに食わしてもらうか、副業で食べている落語家がほとんどだという。


彼らにとっては『笑点』のメンバーになることが憧れらしい。個人だけではない。笑点メンバーと同じ一門の落語家は彼らとセットで公演会を開けば、チケットが飛ぶように売れて、一公演で1,000万円は売り上げるという。

だからこそ『笑点』メンバーは、本来の落語より、アドリブに見せかけた筋書き通りだらけの『笑点』の大喜利の席にしがみついているのだ。


番組の舞台裏では、この利権をめぐる笑えない“派閥争い”があるという。一方で『笑点』人気の影に、売れない落語家たちの惨状が垣間見える。
(文=本多圭)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「笑点」反安倍キャンペーンは、落語家がやらされてと思われるが、どやらそうでもなさそうだ!!
「笑点」の前司会者である桂歌丸や、中心メンバーの三遊亭円楽は根っからのパヨクです。

o0636096314199740839





























<桂歌丸が「しんぶん赤旗」に55周年のお祝いメッセージを贈る>
o0405050514199903429





















三遊亭円楽のプロフィールがこちらです。
o0316027714199905297










三遊亭円楽(6代目)・(本名:會 泰通)   

落語家。「笑点」大喜利メンバー。税務大学校講師、中央福祉医療専門学校客員教授、ハワイ・オワフパークゴルフ協会名誉顧問など、数々の要職に就いている。
2010年3月に故・5代目三遊亭圓楽からその名を襲名する以前は「楽太郎」を名乗っていた。

保守的思想や愛国心、国防、原子力発電に対し否定的で、「笑点」の大喜利や自身の独演会、出演番組などにおいても、そうした思考のもと率先して政治批判を展開。
青山学院大学在籍時代に学生運動に参加したこと、創価学会系の政治家と人脈を有していることから、大喜利メンバーの中で左翼・反日思想が最も強い人物。

最近では自身の後輩格である林家たい平氏や春風亭昇太氏が、彼の影響を強く受けたと思われる発言を繰り返すようになってきている。
また、自身の先輩である笑点司会の桂歌丸氏に対し、演出とはいえしばしば「死ね」、「ジジイ」、「ハゲ」、「葬式を出してやるぞ」などといった旨の非常識な発言を繰り返している。
なお、彼の批判は左翼勢力や反日国家に向けられることも多いが、これらについては単なる大衆受け狙い及び、アリバイ作りの側面が強い。
2013年7月21日放送の「笑点」では1万円札を「聖徳太子や福沢諭吉の書かれた紙切れだ」という、反資本主義的な考え方が垣間見える発言を行ったこともある。
国民的人気番組に出演しているだけに、特に政治に関心のないノンポリに対する悪影響は大きい。

ーーーーーーーーーーーーー

6代目三遊亭円楽こと會 泰通(あいやすみち) は、大学時代は警察官だった父への反発から学生運動に明け暮れ、新左翼のブントに所属していました。
2015年8月9日に放送の「笑点」では、鍼灸師を題材にした大喜利で、こんなネタを披露していました。
「耳がよく聞こえるようにしたいんですね?」「どこに鍼を打っても、国民の声は聞こえるようにはなりませんよ、安倍さん」

 また、同年8月23日の『24時間テレビ 愛は地球を救う』の中の大喜利では、「24時間テレビ」に引っ掛けて、「――かん――び」の傍線部分に言葉を当てはめるというお題が出されました。
  すると、三遊亭円楽は、こんな答えを披露したのです。

「安倍さん、聞いてください、政治に不信“かん”、国民の叫“び”」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

司会の春風亭昇太は、3人のゴミ回答に対して、全て座布団1枚ずつあげているのです!!
まったく笑えない政治的偏向番組「笑点」はいらない!!
やはり、テレビは見れば見るほど馬鹿になる!!



人気ブログランキング