地域の皆さん こんにちは。

日本のテレビ局は、馬鹿安い電波使用料で、莫大な利益を得ています。
それで、やってることは、捏造報道・印象操作・偏向報道で、日本を貶めることばかりしているのです。
こいつらのアジアとは、大好きな支那・朝鮮・韓国です。
NHKなんて、国民から金をふんだくって、反日工作報道をしているのです。

今回、日本政府は、電波オークション導入でテレビ局の『電波利権』に切り込むそうですが、是非やってもらいたいです。

176f693f















ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

電波オークション 政府が導入検討(産経ニュース)

政府が電波の周波数帯の利用権を競争入札にかける「電波オークション」の導入を検討していることが11日、分かった。特定のテレビ局や通信事業者などに割り当てられた「電波利権」に切り込むことで、電波利用料金の収入増や割り当て選考の透明性確保を図る。政府の規制改革推進会議も同日、公共用電波の民間開放の拡大を議論していくことを決めた。


電波オークションは電波の周波数の一定期間の利用権を競争入札で決める方式で、経済協力開発機構(OECD)加盟国の米国や英国、フランス、ドイツなど先進国で実施されている。

日本では原則、総務省が審査して選ぶ比較審査方式が採用されているが、旧民主党政権時代もオークション導入は検討されている。平成24年3月には導入を閣議決定し、関連法案を国会に提出したが、当時野党だった自民党の反対などで審議されずに廃案となった。

総務省によると、27年度の電波利用料金の収入は総額約747億円。主な通信事業者やテレビ局の電波利用負担額は、NTTドコモ約201億円▽KDDI約131億円▽ソフトバンク約165億円▽NHK約21億円▽日本テレビ約5億円▽TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京約4億円−などとなっている。


同制度を導入している米国では、2014年11月から翌15年1月までに実施されたオークションで、3つの周波数帯が計約5兆円で落札されたという。日本でも制度の導入で競売によって収入額の増加が予想されている。関係者によると、民主党政権時代の議論では、毎年平均で数千億円の収入になると推計し、増えた収入は政府の財源とすることを想定していた。


各事業者の負担額の適正性にも議論があり、経済評論家の上念司氏は「電波は国民の共有財産だ。携帯電話事業者に比べ、放送局の電波使用量は低い額に設定されている」と指摘する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【特別番組】TBS偏向報道糾弾大会・デモ − 放送法違反のTBSに断固抗議を![桜H29/9/11]


2017/09/11 に公開

公共の電波を私物化し、ワイドショーやニュースショーで偏向報道の限りを尽くす地上波テレビ局。それは森加計問題で、印象操作を駆使した「倒閣運動」にまで発展し、今や民主主義を内側から蝕もうとしている。中でも露骨で悪質なのがTBSのサンデーモーニングであり、その民意と国益と放送法を無視した増上慢は第一に糾弾されるべきである。9月9日に都内で行われた「TBS偏向報道糾弾大会」と、その後に500名以上の有志が抗議の意志を示したデモの様子をご覧いただきます。

出演:
 村田春樹(TBS偏向報道糾弾大会実行委員会 実行委員長)
 我那覇真子(TBS偏向報道糾弾大会実行委員会 実行委員 / 琉球新報・沖縄タイムスを質す県民・国民の会代表)
 大杉実生(偏向報道から国民を守る会 副代表)
 水島総(頑張れ日本全国行動委員会幹事長 / TBS偏向報道糾弾大会実行委員会 副実行委員長)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

反日テレビ局なんて、ぶっ潰せ!!


人気ブログランキング