地域の皆さん こんにちは。

大東亜戦争の終結から70年を迎えるのを前に、宮内庁は1日付で、1945年に昭和天皇がラジオで終戦の詔書を読み上げた「玉音放送」について、原盤レコードの音声を初めて公開しました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

聖断の緊迫感今に 原盤初公開 70年ぶり再生、デジタル録音 御文庫付属室も(産経ニュース)

宮内庁は1日、戦後70年にあたり、昭和天皇が国民に終戦を伝えた玉音放送の原盤と再生した音声、昭和天皇が玉音放送を聴いた皇居内の御文庫(おぶんこ)付属室の写真などを公開した。原盤と音声の公開は初。付属室は、終戦の聖断を下した御前会議が開かれるなど終戦間際の重要な舞台だった。

終戦を伝えた玉音放送の音声はこちら

 玉音放送は、終戦前日の昭和20年8月14日深夜、昭和天皇が宮内省内廷庁舎(第二期庁舎)2階の御政務室で読み、隣室でNHKの技術職員が録音した。

 録音は2回行われ、2回目(原盤正本)が翌15日正午からラジオ放送された。原盤正本は21年7月に連合国軍総司令部(GHQ)に一時貸し出され、その後は皇居内で保管されていた。1回目(原盤副本)は50年にNHK総合放送文化研究所に貸し出され、NHK放送博物館で管理しているが傷んでおり再生は不能だ。

 戦後70年を迎えるにあたり、宮内庁が戦争関連資料の公開を検討。天皇、皇后両陛下のご了解を得て、原盤正本を確認したところ、同時に録音した2枚組みと3枚組みのうち、2枚組みの完全再生に成功し、デジタル録音した。当時のレコードは録音可能な時間が短かったため、複数枚が組み合わされたという。 

御文庫付属室は昭和天皇の住まいの御文庫に付属する防空施設として開戦前夜の16年9月に完成。鉄筋コンクリート造りの約630平方メートルで会議室、事務室などからなる。一般に防空壕(ごう)と呼ばれるが、標高36メートルの地主山(じしゅやま)の一部を崩して建造し、土が盛られており、実際は地上1階にあたる。

 宮内庁が皇室用財産として手つかずのまま管理。内部は腐食が進んだ。皇太子さまと秋篠宮さまは7月に中を視察された。宮内庁は「歴史的資産として今後も原則、手を加えずに管理していく」としている。

 ■御文庫付属室 昭和20年8月10日、昭和天皇がポツダム宣言受諾の聖断を下した御前会議や、同14日に戦争終結を決定した御前会議が行われた皇居・吹上御苑内の防空施設。16年8〜9月、陸軍により建設された。国有財産台帳上の名称は「御文庫付属庫」。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

img084img087img085img086 








































































 

大東亞戰爭終結ノ詔書

朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ
ちん、ふかく、せかいの、たいせいと、ていこくの、げんじょうとに、かんがみ、
(鑑ミ=振り返り。)

非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ收拾セムト欲シ
ひじょうの、そちを、もって、じきょくを、しゅうしゅうせむと、ほっし、
(非常ノ=尋常でない。)

茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク
ここに、ちゅうりょうなる、なんじ、しんみんに、つぐ。

朕ハ帝國政府ヲシテ
ちんは、ていこく、せいふをして、
(帝國政府ヲシテ〜セシメタリ=帝国政府に命じて〜させた。)

米英支蘇四國ニ對シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ
べい、えい、し、そ、しこくに、たいし、
その、きょうどう、せんげんを、じゅだくする、むね、つうこく、せしめたり。
(支=支那。蘇=ソ連。)

抑々帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ
そもそも、ていこく、しんみんの、こうねいを、はかり、
ばんぽう、きょうえいの、たのしみを、ともに、するは、

皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カサル所
こうそ、こうそうの、いはんにして、ちんの、けんけん、おかざる、ところ。
(遺範=代々伝わる規範。拳々=常に。措カサル=忘れない。)

曩ニ米英二國ニ宣戰セル所以モ亦
さきに、べいえい、にこくに、せんせんせる、ゆえんも、また、

實ニ帝國ノ自存ト東亞ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ
じつに、ていこくの、じそんと、とうあの、あんていとを、しょきするに、いで、
(庶幾ルニ出テ=望み願うことから出たもので。)

他國ノ主權ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス
たこくの、しゅけんを、はいし、りょうどを、おかすが、ごときは、
もとより、ちんが、こころざしに、あらず。

然ルニ交戰已ニ四歳ヲ閲シ
しかるに、こうせん、すでに、しさいを、けみし、
(閲シ=数え。)

朕カ陸海將兵ノ勇戰
ちんが、りくかい、しょうへいの、ゆうせん、
(朕カ=朕の(以下2行同様))

朕カ百僚有司ノ勵
ちんが、ひゃくりょう、ゆうしの、れいせい、
(百僚有司=政府関係者、官僚、役人。勵精=精神を奮い励ます。)

朕カ一億衆庶ノ奉公
ちんが、いちおく、しゅうしょの、ほうこう、
(衆庶=庶民。)

各々最善ヲ盡セルニ拘ラス
おのおの、さいぜんを、つくせるに、かかわらず、

戰局必スシモ好轉セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス
せんきょく、かならずしも、こうてんせず、
せかいの、たいせい、また、われに、り、あらず、

加之敵ハ新ニ殘虐ナル爆彈ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ
しかのみならず、てきは、あらたに、ざんぎゃくなる、ばくだんを、しようして、
しきりに、むこを、さっしょうし、
(加之=これだけではなく、これに加えて。
殘虐ナル爆彈=原子爆弾。無辜=罪のない人々。)

慘害ノ及フ所眞ニ測ルヘカラサルニ至ル
さんがいの、およぶ、ところ、しんに、はかるべからざるに、いたる。
(眞ニ測ルヘカラサル=全く測定できない。)

而モ尚交戰ヲ繼續セムカ
しかも、なお、こうせんを、けいぞく、せむか、
(繼續セムカ=もし継続してゆくならば。)

終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招來スルノミナラス
ついに、わが、みんぞくの、めつぼうを、しょうらいする、のみならず、

延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ
ひいて、じんるいの、ぶんめいをも、はきゃく、すべし。
(延テ=さらには。スヘシ=きっと〜してしまうだろう。)

斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ
かくの、ごとくむば、ちん、なにを、もってか、
(斯ノ如クムハ=このようにあるならば。何ヲ以テカ=どのようにして。)

億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神靈ニ謝セムヤ
おくちょうの、せきしを、ほし、こうそ、こうそうの、しんれいに、しゃせむや。
(赤子=国民。保シ=守り。謝セムヤ=謝罪したら良いだろうか。)

是レ朕カ帝國政府ヲシテ
これ、ちんが、ていこく、せいふをして、
(帝國政府ヲシテ〜應セシムル=帝国政府に命じて〜応じさせる。)

共同宣言ニ應セシムルニ至レル所以ナリ
きょうどう、せんげんに、おうぜしむるに、いたれる、ゆえんなり。

朕ハ帝國ト共ニ終始東亞ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ對シ
ちんは、ていこくと、ともに、しゅうし、とうあの、かいほうに、きょうりょくせる、
しょ、めいほうに、たいし、
(諸盟邦=同盟諸国。)

遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス
いかんの、いを、ひょうせざるを、えず。

帝國臣民ニシテ戰陣ニ死シ職域ニ殉シ
ていこく、しんみんにして、せんじんに、しし、しょくいきに、じゅんじ、

非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内爲ニ裂ク
ひめいに、たおれたる、もの、および、その、いぞくに、おもいを、いたせば、
ごない、ために、さく。
(非命ニ=天命を全うしないで。五内=心、腎、肺、肝、脾臓。
五内裂ク=はらわたが引き裂かれる思いだ。)

且戰傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ
かつ、せんしょうを、おい、さいかを、こうむり、
かぎょうを、うしないたる、ものの、こうせいに、いたりては、
(厚生=生活を良くすること。)

朕ノ深ク軫念スル所ナリ
ちんの、ふかく、しんねんする、ところなり。
(軫念=心配。)

惟フニ今後帝國ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス
おもうに、こんご、ていこくの、うくべき、くなんは、
もとより、じんじょうに、あらず。

爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル
なんじ、しんみんの、ちゅうじょうも、ちん、よく、これを、しる。
(衷情=真情。)

然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所
しかれども、ちんは、じうんの、おもむく、ところ、
(時運ノ趨ク所=時の巡り合わせに逆らわず。)

堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス
たえがたきを、たえ、しのびがたきを、しのび、
もって、ばんせいの、ために、たいへいを、ひらかむと、ほっす。

朕ハ茲ニ國體ヲ護持シ得テ
ちんは、ここに、こくたいを、ごじし、えて、

忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ
ちゅうりょうなる、なんじ、しんみんの、せきせいに、しんいし、
つねに、なんじ、しんみんと、ともに、あり。
(赤誠=真心。信倚=信頼。)

若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ
もし、それ、じょうの、げきする、ところ、
みだりに、じたんを、しげくし、
(事端=争いの元。滋クシ=増やし。)

或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ亂リ
あるいは、どうほう、はいさい、たがいに、じきょくを、みだり、
(排擠=押しのけ、陥らせる。時局=情勢。)

爲ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ
ために、だいどうを、あやまり、
しんぎを、せかいに、うしのうが、ごときは、
(大道=行なうべき道。)

朕最モ之ヲ戒ム
ちん、もっとも、これを、いましむ。
(戒ム=警戒する。)

宜シク擧國一家子孫相傳ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ
よろしく、きょこく、いっか、しそん、あい、つたえ、
かたく、しんしゅうの、ふめつを、しんじ、
(擧國=国の全員を挙げて。神州=神国日本。)

任重クシテ道遠キヲ念ヒ總力ヲ將來ノ建設ニ傾ケ
にん、おもくして、みち、とおきを、おもい、
そうりょくを、しょうらいの、けんせつに、かたむけ、

道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ國體ノ猷撻鰲ね肇
どうぎを、あつくし、しそうを、かたくし、
ちかって、こくたいの、せいかを、はつようし、
(志操=志と、心身の清らかさ。國體=国の姿。猷據畉任眸しいもの。發揚=輝かせる。)

世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ
せかいの、しんうんに、おくれざらむ、ことを、きすべし。

爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ體セヨ
なんじ、しんみん、それ、よく、ちんが、いを、たいせよ。
(意ヲ體セヨ=思いを理解して行動せよ。)

御名御璽
ぎょめいぎょじ



 

人気ブログランキングへ