地域の皆さん こんにちは。

18日に最高栽で、「外国人は生活保護法の対象外」という判断が出されたが、こんなの当たり前です!!
外国人の生活を保護するのは、本国であり日本国に義務なぞありませんよ!!
日本国憲法にも「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあるが、日本国民に権利があるのであり、外国人はないのです!

それなのに、1954年に厚生省のアホ局長の出した「正当な理由で日本国内に住む外国籍の者に対しても、生活保護法を準用する」なんて通達だしたからこんな酷いことになっているのです。
「正当な理由で日本国内に住む外国籍の者」・・・・・いったい何人が正当な理由があるかわからないし、正当な理由があり日本国内に住んでいて、その後生活保護が必要になったならば、それを保護するのは本国の責任であり、日本国民の税金で保護する義務なぞないのです!!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

最高裁が初判断「外国人は生活保護法の対象外」(NHK)
7月18日 17時49分


日本に住む外国人が生活に困窮した場合、法的に生活保護の対象になるかどうかが争われた裁判で、最高裁判所は「法律が保護の対象とする『国民』に外国人は含まれない」とする初めての判断を示しました。

生活に困窮した外国人への生活保護費の支給は、永住資格を持つ人や難民認定された人などを対象に、人道上の観点から自治体の裁量で行われています。
これについて、永住資格を持つ大分市の中国国籍の女性が起こした裁判で、外国人が法的にも保護の対象になるかどうかが争いになり、2審の福岡高等裁判所が「法的な保護の対象だ」と判断したため、国が上告していました。
18日の判決で最高裁判所第2小法廷の千葉勝美裁判長は「生活保護法が保護の対象とする『国民』に外国人は含まれない」とする初めての判断を示しました。
そのうえで「法的保護の対象を拡大するような法改正もされておらず、外国人は自治体の裁量による事実上の保護の対象にとどまる」と指摘して、2審の判決を取り消しました。
今回の最高裁判決はあくまで法律の解釈を示したもので、自治体が裁量で行っている外国人への生活保護には直ちに影響を及ぼさないものとみられます。

原告弁護士が判決を批判
判決について、原告の弁護士は会見で「法律の中の『国民』ということばだけを見て、実態に踏み込んでいない形式的な判断だ。外国人に生活保護を受給させるかどうかは行政の自由裁量だと最高裁がお墨付きを与えるもので問題だ」と批判しました。
さらに「外国人は日本で生活してはいけないと言っているのと同じで、安倍内閣は成長戦略の一環として外国人の受け入れを拡大するとしながら、一方でセーフティネットは認めないというのなら日本にこようとする外国人はいないだろう。なんらかの形で外国人の受給について法律の改正をしなければならない」と指摘しました。 

ーーーーーーーーーーーーーー

それにしても反日弁護士とか何とかならないものかね!?
国民=日本国民というだけでいい・・・外国人・・・といってもほとんどが韓国人・朝鮮人ですよ!!
実態は、生活保護を受ける必要のない韓国人や朝鮮人には、簡単に生活保護をだしているが、本当に困っている日本人には認定が厳しく、餓死しているのです。

明らかに日本人差別です!!

何が、「外国人は日本で生活してはいけないと言っているのと同じ」だよ!!
極論もいいとこだ!・・・そんなこと日本人は言ってないよ!!
外国人の生活を保護するのは、本国であり日本国でない!!
自力で生活できない外国人は本国に帰り、自国で面倒をみてもらうのが筋だよ!!
こんな外国人なんか来ないほうがいいにきまっています!!


444b2ffe

















高級車乗り生活保護受給、クラブを経営して数億も稼いでるに生活保護を受給としている。
このようなふざけたニュースで、受給者のほとんどが、韓国・朝鮮人なのです。
吉本芸人達の不正受給もあったよな!!
いい加減に憲法違反の通達を廃止し、外国人への受給をやめろ!!

以前、40人ぐらいの支那人が日本に来て、すぐに生活保護申請した事件がありましたが、このままでいけば、今度は支那人の生活保護不正受給が増えてきますよ!
こんな外国人が来ても日本には害だけで、犯罪率が増えるだけですよ!!

外国人への生活保護不正受給、支那人・韓国人留学生への異常な支援、支那へもはやしなくていいODAとかふざけたことやめてから税金を上げろと言いたいよ!!


こんなアホなことしているのに、移民を受け入れとか馬鹿としか思えない!!

移民=支那人・韓国、朝鮮人だよ!

移民受け入れたら、どるなるかは火を見るより明らかです!!

生活保護は日本国民のための制度だ!!

外国人への不正受給をすぐにやめろ!!



人気ブログランキングへ