地域の皆さん こんにちは。

政治家の仕事は、自国の国益と自国民の幸せを考えるのが第一だが、日本の政治家は中国派・アメリカ派とかが多数で、はっきり言って売国奴ばかりです。
今回政府は、将来人口減少するから・・・単なる数合わせで移民政策を検討するそうだが、もはや精神異常としか思えない!!
こんなの許したら日本の国柄は必ず崩壊します!!

ーーーーーーーーーーーーー

毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始(産経ニュース)

政府が、少子高齢化に伴って激減する労働力人口の穴埋め策として、移民の大量受け入れの本格的な検討に入った。内閣府は毎年20万人を受け入れることで、合計特殊出生率が人口を維持できる2・07に回復すれば、今後100年間は人口の大幅減を避けられると試算している。経済財政諮問会議の専門調査会を中心に議論を進め、年内に報告書をまとめる方針。ただ、大量受け入れには単純労働者を認めることが不可欠で、反対論も強まりそうだ。


現在、外国人労働者は高度人材などに制限されており、日本国籍を付与する移民の大量受け入れとなれば国策の大転換となる。

日本で働く外国人の届け出数(昨年10月末)は72万人弱で、前年より約3万5千人増えた。20万人はその6倍近い数だ。


政府が移民の大量受け入れの検討に乗り出したのは、勤労世代の減少による経済や社会への影響が現実になり始めたため。成長戦略では女性や高齢者の活用を打ち出す一方で、移民も有力な選択肢として位置付けることにした。

試算では、2012年に8973万人だった20〜74歳人口が、現状のままであれば2110年に2578万人に減る。しかし、移民を入れた場合は7227万人になるとしている。


だが、移民政策には雇用への影響や文化摩擦、治安悪化への懸念が強い。しかも、現在は外国人労働者は高度な専門性や技術を持つ人材などに限定しているが、毎年20万人を受け入れることになれば高度人材だけでは難しい。単純労働に門戸を開く必要が出てくる。


政府は移民議論と並行して、外国人労働者の受け入れ拡大を先行させる考え。

東日本大震災の復興や東京五輪に向けて建設業を中心に人手不足が拡大していることから、最長3年となっている技能実習制度の受け入れ期間延長や、介護職種を対象に加えることなどを検討している。改革案は6月にまとめる新たな成長戦略に反映させる。


こうした専門性や技能が高くない労働者の期間延長案には「実質的な単純労働解禁で、移民受け入れへの布石」(自民党議員)との批判が出ている。

ーーーーーーーーーーーーーーー

移民、移民ってどこの民族だよ!!
どうせ支那人を中心とし、韓国人や朝鮮人なんだろ!
日本の外国人犯罪率の1位2位は、支那人・韓国朝鮮人であるし、反日教育で毎日日本を貶めることばかり考えている奴らが増大したら、日本の将来がどうなるかは火を見るより明らかです!!





単なる数合わせで人口を維持できても内容が悪いなら最悪にしかならない!!
特亜3国に限らず、ヨーロッパやカナダなどで、移民政策が大失敗しているのに、何も学習していないのかね!!
何で、真剣に日本人を増やすことを真っ先に考えないのかね!!






世界の移民政策 国内反発続き 経済メリット少なく(産経ニュース)

欧米や東南アジアでは、すでに多くの国が国力増強を図るため、移民や外国人労働者を積極的に受け入れている。しかし、国内批判の高まりや効果が不十分であることなどから、従来の政策の見直しを迫られているところも少なくない。


欧州で最近、移民政策をめぐり大きく揺れたのがスイスだ。2月9日に行われた国民投票で、これまでの移民政策を転換し移民の受け入れを制限するという提案が賛成50・3%、反対49・7%の僅差で承認された。今後、政府は受け入れ可能な移民数の上限を毎年、設けることが求められる。


ジュネーブやチューリヒなど政治・ビジネスの国際都市を抱えるスイスの居住外国人(移民も含む)は、人口約800万人の4分の1近くにも及ぶ。昨年も移民だけで約8万人増えたが、その多くは欧州出身だった。高賃金など労働環境の良さが魅力とされる。


国民投票で移民制限が承認された背景としては、社会保障の負担増や家賃上昇など暮らしへの悪影響、つまり、移民によって経済的豊かさが脅かされる不安の高まりが指摘されている。

政府は3年以内に、「人の移動の自由」を互いに保障した欧州連合(EU)との協定を見直す必要があるが、EU側は反発。スイスにとってEUは最大の輸出先であり、同国政府や経済界は経済全般に影響が出ることを懸念している。


労働者の多くを外国人に依存するシンガポールでも、雇用が奪われるとして国民の反発が強まり、政府は昨年、受け入れ条件の引き上げを余儀なくされた。


一方、一定額の投資を行った外国人に永住権を与えているカナダ政府は2月中旬、この移民プログラムの廃止方針を打ち出した。裕福な外国人を積極的に受け入れ、税収を上げることなどが狙いだったが、思ったような効果が出なかった。


実際にはカナダに移住せず、“将来の保険”として永住権を確保しておくだけのケースが目立ち、国内に落とす税金は必ずしも多くないという。(ベルリン 宮下日出男、シンガポール 吉村英輝、ニューヨーク 黒沢潤)

ーーーーーーーーーーーーーー

何が、労働力人口の穴埋め策だよな!
日本人は働くのを美徳としている民族で、働けるまで働くという高い意識をもっている人が多いが、他の民族・・・特に奴らはそんな意識はないので、日本の害にしかならない!
それに・・・移民と言っても機械じゃない・・・機械なら使えなくなれば捨てればいいが、移民は捨てるわけにいかず、面倒をみなくてはならなくなり、結局膨大な社会保障費が必要になると思います。

移民の安い労働力が来て喜びメリットがあるのは、大企業だけだろ!!
企業の利益になれば日本人なんてどうなろうが関係ない・・・多国籍企業の餌食にもなるだけ!!
日本を株式会社日本にするつもりか!!






日本の国柄を破壊し、日本を崩壊させる移民政策に断固反対する!!

売国政治家を排除し、日本派政治家を育てよう!!



人気ブログランキングへ