地域の皆さん こんにちは。

「NHKスペシャル シリーズ『JAPANデビュー』 第1回『アジアの“一等国”』」をはじめ、番組製作・放送において著しい偏向報道や歪曲、捏造、印象操作等を行っているNHK に対し、平成21年6月25日に 集団訴訟 が提起されました。
NHKの捏造偏向は明らかであるにも関わらず、東京地方裁判所において、反日左翼裁判官により、原告団の請求は全て 棄却 されました。
原告団は、これを 不当判決 と考え、東京高裁に控訴がされました。

そして、昨日平成25年11月28日(金)に東京高等裁判所において控訴審判決が下され、原告の主張が認められ、番組「アジアの“一等国”」の内容がパイワン族の出演者・高許月妹さんへの名誉毀損に当たるとして、NHK に対し100万円の支払いが命じられました!

この判決は画期的で、

NHKの偏向捏造が裁判で認められた
NHKの人権侵害行為が裁判で認めらた

のです!!

産経新聞 (クリックすると拡大します)
img020





















ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「民族の誇り認められた」台湾パイワン族指導者ら安堵 NHK番組訴訟で逆転勝訴
 2013.11.28 23:09 (産経ニュース)

「本当に安心しました。民族の誇りを大切にするわれわれの気持ちが認められた」。踏みにじられた名誉を取り戻そうと訴えた原告の台湾先住民族パイワン族らの思いは、敗訴した昨年12月の1審判決を経て、2審でようやく通じた。


台湾から東京高裁の判決を見守った原告の一人でパイワン族の指導者、華阿財(か・あざい)さん(75)は逆転勝訴の知らせを受けて、「取材を受けた本人が、全く不公平な番組だと主張していた。早く関係者に知らせたい」と声を弾ませた。


問題となった番組では、日英博覧会にパイワン族が出演したことを「人間動物園」と表現。訴訟では、この表現が博覧会出演者の一人だった男性とその娘の名誉を傷つけたかが争われた。NHK側は「取材時には『人間動物園』という言葉を使わなかったが、趣旨を説明し、恣意(しい)的な編集はしていない」としていた。


華さんは「『人間動物園』といわれ、パイワン族は本当に傷ついた」と振り返った。

原告側代理人の高池勝彦弁護士は、「原告が取材で話したのとは違う内容で放送したと認めた画期的な判決。取材対象の真意に基づかない番組という主張が受け入れられた」と話した。


平成21年6月の東京地裁への提訴後、原告は数を増やし続け、パイワン族と全国の視聴者を併せて計約1万300人を数える過去最大規模の集団訴訟になった。一方で2審の原告はパイワン族を中心に計42人。高池弁護士は「原告を絞ったが、社会的な関心の高さは2審も同じ。報道の公正性を保つ上で大きな意味を持つ判決だ」と強調した。


NHK広報局は「主張が一部認められず残念。今後の対応は判決内容を十分検討して決める」とのコメントを発表した。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【速報】一万人集団訴訟 NHKに勝訴 ! 控訴審判決報告会「台湾人パイワン族に慰謝料」


NHKスペシャル「JAPANデビュー」(第1回 アジアの一等国)の偏向捏造/名誉毀損/人権侵害に対する一万人集団訴訟:

東京高等裁判所控訴審判決 報告会
日時: 平成25年(2013)11月28日
会場:東京高裁隣 弁護士会館 502(C・D)会議室


NHKのJAPANデビュー裁判、東京高裁控訴審判決 判決文全文:
http://www.ch-sakura.jp/sakura/NHKapp...


ーーーーーーーーーーーーーーーー

どんどん拡散してください!!

NHKは、公共放送という立場を使いスパイ行為をしている!!

NHKは解体するべきです!!


人気ブログランキングへ