地域の皆さん こんにちは。

日本に移民なんて不要です。

移民1000万人受け入れを=「人口激減」日本に政策提言−シンクタンク (時事通信)

移民政策に関するシンクタンク、移民政策研究所の坂中英徳所長が16日、都内の日本記者クラブで会見し、ドバイで開かれた「世界経済フォーラム」の分科会に日本から出席し、50年間で移民1000万人を受け入れるとの政策提言を発表したと報告した。

同氏は会見で、日本は世界史上例のない人口激減社会になったと指摘。大量の若年移民を受け入れて教育を施し、社会に溶け込ませる「日本型移民国家」を目指すべきだと強調し、移民受け入れ計画の策定を柱とする「移民法」の制定や、無利子・無担保で移民に教育資金などを貸し付ける「移民銀行」の創設の必要性を訴えた。(2010/12/16-18:50)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
坂中英徳とは(移民政策研究所所長、元入管の役人、朝鮮系帰化人と思われる)移民1000万人政策の黒幕であります。

所長:坂中英徳(さかなか・ひでのり)
[略歴]
1945年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程終了。
1970年法務省に入省
入国管理局入国在留課長、名古屋入国管理局長、 東京入国管理局長などを歴任
2005年3月退官
同年、代表として脱北帰国者支援機構を立ち上げる。

[著書]
「今後の出入国管理行政のあり方について」(日本加除出版)
在日韓国・朝鮮人政策論の展開(日本加除出版)       
「出入国管理及び難民認定法逐条解説」(日本加除出版)   
「日本の外国人政策の構想」(日本加除出版)          
外国人に夢を与える社会を作る(日本僑報社)        
「入管戦記」(講談社)など。


こいつは自民党政権下で売国奴である中川秀直と組んで、50年間で移民1000万を主張していた人物です。
また何やら動き出していますね。
民主党の売国法案の中にもあります。

中川秀直の正体

外国人とは、支那人・朝鮮人のことだろう。
売国奴中川は、中川秀直はその主張を実現しようと、外国人材交流推進議員連盟なる議員連盟なるつくり、その内容がとんでもないです。
動画を見て下さい。



大量の若年移民を受け入れて教育を施し、社会に溶け込ませる「日本型移民国家」を目指すべきだと強調しているが、朝鮮人・支那人と日本人は、文化も風習も考え方もまるで違うし、奴らの日本での横暴な振舞を見れば社会に溶け込むなんてのはありえません。

動画にあったように移民に成功した国なんてないのです。












フランスのサルコジ政権も失敗だったと言っているし、イタリアでは不法滞在者への厳罰強化が現実になり、ドバイではインドからの移民を受け入れていたが サブプライムローン問題から経済が一気に悪化し 移民失業者を出し、移民を自国に帰しています。

イギリスでもロンドン市長は 「イギリス政府の移民政策が間違いだった」 と述べているのです。

更にスウェーデンでも人口の16パーセントが外国人で占められてしまい
国民と移民との間で文化摩擦が起き、殺し合いにまで発展しました。
そして、移民が働かず福祉を求めて、そのしわ寄せが国民への 増税へ繋がり、こういった事態から2007年より 移民難民を規制する方針に変更しました。
また、デンマークでも 移民や難民の受け入れに失敗した為に 現在最も移民・難民の規制が厳しい国になっています。

このように移民政策が成功した国はありません。
ましてや支那人や南北朝鮮人は反日教育をしている仮想敵国です。
こんな犯罪移民なんて受け入れたら日本がどのようになってしまうか火を見るより明らかです。

移民を推進する奴らは、日本を壊そうとたくらむ「なりすまし日本人」や「反日日本人」なのです。
多文化共生なんて不可能なのです。
移民受け入れは絶対に阻止しなければなりません。

民主党もそうですが自民党の中にはびこる売国奴も追放しなければ、自民党に政権が戻ったとしても亡国の道が少し遅くなるというだけです。
自民もダメ民主は物凄くダメです。
日本の国益を考え、日本人の生命・財産・安全を考える真正保守の政党を国民が生み出さねばなりません。
そして、日本が嫌いで悪さする不逞外国人、反日日本人にはお引き取り願おう!

まずは支那傀儡政権民主党を潰さなくてはなりません

売国民主党、売国マスゴミ、売国経済人を日本から叩きだそう

日本人よ目覚めよ

人気ブログランキングへ