青梅街道(おうめかいどう)です。この街道は、東京都新宿区から東京都青梅市を経由し、山梨県甲府市に至る街道です。

青梅街道 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青梅街道は、江戸市街の整備、江戸城構築が本格化すると、その構築材として使用する石炭を青梅の成木村、小木曾村から求めその運搬のために慶長11年(1606年)に開かれた、江戸期における脇街道です。

青梅街道2

青梅街道の起点は、現在の新宿三丁目交差点付近であり、この地点は甲州街道との分岐点であったことから新宿追分と呼ばれました。

 

 

内藤新宿の追分で甲州街道からわかれ、青梅、大菩薩峠(だいぼさつとうげ)を経由して、甲府の東にある酒折村(現在の甲府市酒折)で甲州街道と再び合流しました。

 

  ブログランキングに参加しております。
  関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は
                   「人気ブログランキング」へ