余丁町小ここは、現在は新宿区区立余丁町小学校ですが、江戸時代、五代将軍徳川綱吉「生類憐みの令」により元禄8年(1695年)に犬御用屋敷が設置された場所です。

 

徳川綱吉は、男子徳松の死後、世継ぎに恵まれず、これを前世の殺生によるものと信じました。そして、貞亨4年(1687年)、「生類憐れみの令」を発したのです。これ犬御用屋敷跡看板によって生物の殺生を固く禁じ、とくに綱吉が戌年生まれであったため、犬を重視したといいます。そして、飼い主のいない犬を収容するため、四谷・大久保・中野に「犬御用屋敷」が設置されました。

 

なかでも大久保の「犬御用屋敷」は、総面積2万3000坪という広さでした。元禄10年(1697年)に手狭になり閉鎖されました。(となりの若松出張所の説明版より)

場所は、都営地下鉄大江戸線「若松河田」駅河田口より徒歩3分

 

大久保の犬御用屋敷跡   若松町 (新宿区指定史跡)

所在地   東京都新宿区若松町13

        現地に説明版が建っているのみ。

 

  関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は
                  「人気ブログランキング」へ