西新宿 百人町 新宿周辺情報

西新宿、百人町を中心とし、またその周辺のおいしいお店や便利な施設の紹介や地域への様々な告知

地域の皆さん こんにちは。

政府は、カジノ施設について、ギャンブル依存症対策の一つとして、日本人と国内居住の外国人に限り、全国一律で入場料を徴収するそうですが意味ない!!
カジノを巡ってはギャンブル依存症への懸念が大きいとか言ってますが、一番の問題はパチンコの存在だろ!!
パチンコは賭博で違法なんだから禁止しろ!!

ーーーーーーーーーーーーーーー

<カジノ>入場料、一律数千円徴収 国内居住者、依存症対策

政府は、カジノを含む統合型リゾート(IR)施設について、日本人と国内居住の外国人に限り、全国一律で入場料を徴収する方針を固めた。数千円程度を想定している。徴収によって安易な入場を抑制するのが狙い。今国会中に提出を目指すIR実施法案に盛り込む。今後、与党と調整する。

 カジノを巡ってはギャンブル依存症への懸念が大きい。入場料は依存症対策の一環で、安易な入場を抑え、入場回数制限のための本人確認を実施しやすくするのも視野に入れている。

 「入場料の水準は地域や事業者に任せるべきだ」との意見もあったが、自治体や事業者が収入増を目指して高額な入場料を設定することを政府は懸念。「国策であるIRの経済効果が不確実になる」(内閣官房幹部)と判断し、全国一律の入場料を定める方針となった。

 金額は今後、海外のカジノや国内の他のエンターテインメント施設を参考に定める。ただ自民党内では、入場料による集客への影響を懸念する声もある。一方で公明党は依存症への抑止効果を重視し、高額な入場料を求めており、調整が難航する可能性がある。

 実施法案には他に、カジノ事業者から3割前後の納付金を徴収し、国と地方で折半して依存症対策も含む公益活動に活用する方針も盛り込む。【松倉佑輔】

ーーーーーーーーーーーーーーー

入場料が新しい利権になるんだろ!!
ギャンブル依存症への懸念が大きいなら作るなよ!!
日本中賭博場にするのか!!
ギャンブル好きは金払ってもやる!!
日本最大の違法賭博であるパチンコを潰してから作れよ!!
ギャンブル依存症の最大の原因はパチンコ!!




人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

朝日新聞なんて朝鮮支那の工作機関だろ!!
どんどん叩いて、潰せばいいよ!!
朝日新聞は馬鹿しか読まない!!

index-118














E382A2E382ABE3818CE69BB8E3818F-thumbnail2



















6b5a3492-d44e-4a73-8e3d-bd81bd24dbbc


















朝日は、工作員が社員をやっている!!
朝日新聞を日本から葬り去ろう!!


人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

日本のマスゴミは、マジでゴミ以下だな!!
支那の手先だから報道しないのだろう!!
マスゴミが行う詐欺募金には寄付しない方がいい!!



安倍晋三首相がフェイスブックに直筆の「台湾加油」台湾メディアが評価

a3e7a838












台湾加油!!


人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

韓国人もそうだが、韓国の保護者の支那人もルールなんてものが存在しない!!
悪天候で飛べないんだからしょうがないだろ!!
墜落してもいいのかね??
支那人観光客は恥知らずで、やかましいしルールを守らないから日本に来ない方がいい!!

ーーーーーーーーーーーーーーー

成田空港、LCC欠航で苛立った中国人乗客が暴れる 傷害容疑で1人逮捕

成田空港署は25日未明、空港会社職員の女性を突き飛ばしてケガを負わせたとして、中国籍の男1人を傷害と暴行の容疑で逮捕した。24日夜、日系格安航空会社(LCC)の東京発上海行きの便が、到着地の悪天候により欠航になったため、搭乗予定の中国人搭乗客の内およそ100人が、空港ビル内で夜中まで振り替え便を待っていた。未確認の報道内容によると、一部の集団がいら立ちを募らせ、騒動を起こしたという

在米中文メディア博聞社や中国国内のセルフメディア(個人運営ニュースサイト)などによると、LCCジェットスター東京発上海行きで、日本人客5人と中国人客175人の計180人が搭乗予定だった。航空会社より欠航案内が出ると、日本人客は離散し、一部の中国人客は航空会社の紹介を受けて宿泊施設に向かった。残りの約100人が依然として搭乗口付近に留まっていたという。

 航空会社の職員が、搭乗エリアは夜11時になると閉鎖され電気や暖房が止まるなどのことを説明し退去を求めるも、内容を理解できず、中国人客は留まり続けた。中国人客側の主張では、航空会社は対応のための中国語通訳者を用意せず、水や食品の提供もなかったという。

 翌朝2時頃、数人の中国人客が食べ物を買いに、搭乗エリアの2階に上がろうとしたため、航空会社職員の男女2人が制止しようとした。警察によると、客は職員を突き飛ばしたため女性職員(36)は左足に捻挫を負ったという。

 現場にいた人物が撮影した映像には、興奮した集団が中国国歌を歌うなどして強く抗議する様子が映っている。掛けつけた成田空港署の警察官が対応し、騒動を収束させた。1人の中国人男性客が暴行と傷害の疑いで逮捕された。25日朝、中国人客175人は上海行きの便に搭乗した。


2016年12月、北海道の新千歳空港でも似たような事件があった。大雪による欠航に中国人乗客約100人が抗議し、騒動が起きた。

ーーーーーーーーーーーーーーー




支那人観光客は迷惑しかかけない!!
国内旅行で支那人観光客に会うとがっかりする!!
他の外国人観光客の迷惑にもなるから日本に来るな!!


人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

国民の反対を押し切て、安倍晋三首相が平昌五輪の開会式に出席します。
そして、オリンピックの出席に合わせて日韓首脳会議を開き、日韓合意について日本の立場を説明するとか言ってますが、合意を破っているのは、韓国の方なのに何故こちらから行くんだろうね!?
また、こんなことすると韓国人が勝ったと言い出すと思っていたら、そうなったね!!
朝鮮大好きの売国奴である二階俊博の仕業だろ!!

ーーーーーーーーーーーーーーー

安倍首相が平昌開会式出席へ、韓国メディアも一斉に報道=「安倍首相が折れた!」「やっぱり文大統領は外交の天才」―韓国ネット


2018年1月24日、安倍晋三首相が来月9日に韓国で開催される平昌五輪の開会式に参加する意向を固めた。複数の韓国メディアが一斉に報じ、ネットユーザーからもさまざまなコメントが寄せられている。

安倍首相は23日に行われたインタビューで「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は20年に東京五輪を主催する立場だ」とし、「事情が許せば平昌五輪開会式に出席して日本の選手らを激励したい」と述べた。

さらに、韓国現地で「文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談したい」とし、「慰安婦合意について、韓国が一方的に新たな措置を求めたことは受け入れられないとの考えを直接伝えるつもりだ」と明らかにした。

また、安倍首相は平昌五輪をきっかけに進展する南北対話について「五輪は五輪で切り離して考える必要がある」としつつも、「北朝鮮に対する圧力を最大限に高めるという方針がぶれてはならないとの考えを文大統領に伝えたい」と述べた。北朝鮮に対する人道支援再開問題についても「間違ったメッセージを与える可能性がある」とし、反対の立場を示した。


安倍首相はこれまで、慰安婦合意をめぐる日韓の対立などを考慮し、平昌五輪開会式への参加を保留としていた。安倍首相が参加を決めたことについて、韓国・中央日報は「南北関係の対話が急速に進展していることを受け、韓米日協力を最優先すべきと判断したものとみられる」と伝えている。また、世界日報は「東京五輪の開催国としてのプレッシャーも判断に影響を与えた」と指摘した。


これについて、韓国のネットユーザーからは「安倍首相が折れた!文大統領の政策が効果を発揮し始めたようだ」「結局来るんだね。沈んでいた平昌五輪を文大統領が生き返らせた」「この勢いで平昌五輪を成功させよう」「おお!やっぱり文大統領は外交の天才」など文大統領への称賛の声が多数上がっている。


また「安倍首相が立場を変えるなんて珍しい。世界の仲間外れになることを恐れたのか?」「平昌五輪は世界が注目する大会。さすがの安倍首相もプライドのために行かないとは言えなかったのだろう」と指摘する声も。


ーーーーーーーーーーーーーーー

自民党はまだ韓国人が人類だと思っているのかよ!!
オリンピックを政治利用したな!!
これで支持率下がって、パヨクが喜ぶんだろうな!!




人気ブログランキング

地域の皆さん こんにちは。

北の工作員有田が、民団の新年会に出席したとツイートしてるが、他に性犯罪の初鹿明博と共産党支援で当選した安愚楽牧場詐欺疑惑の海江田牧場長もいるぞ!!
海江田も在日朝鮮人からの資金集めか??
日本より朝鮮が大切な人達です。

ヘイトスピーチ解消法の改正が必要とか・・・お前を取り締まる法律だろ!!

DTWjyxEV4AAdnmB



















海江田民主党代表の安愚楽牧場問題

初鹿明博は性犯罪の常習犯!6カ月の役職停止処分は甘過ぎる!

立憲民主党・初鹿議員に強制わいせつ疑惑

有田芳生と北朝鮮の本当の関係!ムスダン発言の真意は?


犯罪者ばかりだな!!
こんなのが議員とか恥ずかしい!!
でもこんな屑を選らんだのは日本人なんですよ!!


人気ブログランキング

このページのトップヘ